記事

ウーバーの「二枚舌」にNO! カリフォルニア州労働委員会が「運転手は、社員だ」と判断

ウーバー(Uber)に対してカリフォルニア州労働委員会が「ウーバーの運転手は、自営業者ではなく、ウーバーの社員だ」とする判断を下しました。

この判断は、今後のウーバーの経営、さらにオンデマンド・レーバーに対する行政の対応に大きな波紋を及ぼすと思われます。

なぜならオンデマンド・レーバーが自営業者に対し、仕事を下請けさせているという理解であれば、運転手の社会保障制度(Social Security)、労災保険、失業保険などの面倒をウーバーがみる必要が無いからです。これはウーバーの運営コストを下げることに貢献しています。

逆の見方をすれば、ウーバーの運転手は、上記のような労働者の基本的な権利を主張できないままに、いいようにウーバーに使われてきたわけです。

これに対してウーバーは「わが社が提供しているのは完全に中立的なテクノロジーのプラットフォームであり、運転手は仕事を請け負う自営業者で、ウチは関係ない」という主張を崩していません。

しかしカリフォルニア州労働委員会は「ウーバーが運転手の評価をモニターし、星の数が4.6以下になったらウーバーの仕事から除外されるということは、実質的に運転手が仕事にありつけるかどうかの決定権を握っているわけで、独立とは言いにくい」としています。

なお今回の判断はあくまでもカリフォルニア州だけで適用されます。ただカリフォルニア州はウーバーの本社所在地なので同社の将来のIPOの際の評価にも影響してくると思われます。

あわせて読みたい

「Uber」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    わいせつ問われた医師に無罪判決

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ジャニーズ 戦略誤り厳しい局面

    大関暁夫

  3. 3

    大川長男 脱会原因は清水富美加

    文春オンライン

  4. 4

    異例の都ファ欠席 深夜0時議会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    トヨタの中条あやみCMは大正解

    永江一石

  6. 6

    日本企業の英国撤退 次は韓国か

    早川忠孝

  7. 7

    肉食べるな 配慮押し付ける社会

    文春オンライン

  8. 8

    橋下氏「高野連の言い訳許すな」

    橋下徹

  9. 9

    私が傷つかない=正義の危うさ

    紫原 明子

  10. 10

    不摂生後悔…堀ちえみガンと闘う

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。