記事

FOMCでは、今年のある時点から、ゆっくりとしたペースでの利上げがシグナルされた これはドル安要因だ

連邦公開市場委員会(FOMC)のステートメントが出ました。大方の予想通り、今回のミーティングでは政策金利であるフェデラルファンズ・レートの利上げは見送られました。

ただ、17人のうち15人のメンバーが「今年の、ある時点で利上げをした方が良い」と考えていることが明らかになりました。つまり今年利上げがあるという引導が渡されたことは、もう間違いないのです。

今回の新しいニュアンスとしては、一回目の引き上げ後、「休みます!」というメッセージが前面に出た点です。

3月のミーティングでは「2015年内に2回のフェデラルファンズ・レートの利上げがある」という意見が多かったです。でも今回は「年内は1回、ないしは2回」というメッセージに変わってきています。

言い換えれば、初回の利上げ後、しばらく様子を見るというやり方がFRB内で、だんだん支持を得ているのです。
これは利上げのピッチが、今回は前回より半分程度の傾きに過ぎないことを示唆しています。

リンク先を見る

これはドル安要因です。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋本聖子氏 池江への発言が炎上

    女性自身

  2. 2

    お父さんは違憲? 安倍首相に疑義

    赤木智弘

  3. 3

    尾崎豊の名曲 歌詞が今さら物議

    キャリコネニュース

  4. 4

    QUEENフレディ 過剰歯は誤訳か

    大隅典子

  5. 5

    祝日の国旗は右翼的? 奇妙な日本

    メディアゴン

  6. 6

    よしのり氏&香山氏 アイヌを激論

    篠田博之

  7. 7

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  8. 8

    「月20万円でレクサス」は安いか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    女性店員へのセクハラで逆転敗訴

    猪野 亨

  10. 10

    マイナンバーカードの普及は必須

    菅義偉

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。