記事

【フジ、ネット戦略で反転攻勢】~Netflixとオリジナル番組製作・配信で合意~

ネット戦略でフジの攻勢が目立ってきた。なんと、全米を席巻しているあの映像配信サービス“Netflix”と17日、オリジナル番組制作・配信で合意したのだ。“Netflix”とは全世界50か国のユーザー数6000万人超というとんでもないSVOD(Subscription Video On Demand:定額制動画配信)サービスで、アメリカではリモコンにNETFLIXボタンが標準装備されるまでになっている。この秋にも日本上陸予定の“Netflix”、今回まずはフジテレビと番組制作で組むことが明らかになった。サービス開始と同時に独占先行放送される予定の番組は、『テラスハウス』の新作『TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING』(仮)と、連続ドラマ『アンダーウェア』(英題:Atelier)の2つだ。

実は今月19日、日本テレビが同様のSVODサービス“Hulu”と番組を共同制作し、放送が開始される。“Hulu”は2014年に日本テレビ傘下となっており、ネット戦略では日テレが一歩先んじていた。“THE LAST COP”(ザ・ラスト・コップ)というドラマはまず地上波で2時間放映し、エピソード2以降はネットで配信するという日本では全く新しい試みとして注目を集めている。低迷する地上波のドラマ視聴率だが、いつでもどこでも見ることが出来るネット配信とのコラボで地上波に視聴者を取り戻したいとのテレビ局の思惑が背景にある。

そうした日テレのネット戦略の後塵を拝していたフジテレビだが、今年になり、PCやスマホ、タブレットなど、マルチデバイスで視聴できるネットニュース専門局“ホウドウキョク”を立ち上げたり、今回の“Netflix”との協業など、遅まきながら積極的な展開が目立ってきた。民放の雄であるフジテレビが動くことは業界的にも刺激になろう。

一方で、日テレは“Hulu”を傘下に収めており、一体で独自コンテンツを自由に制作できるのに比べ、フジテレビと”Netflix”の間には資本関係はない模様だ。当然“Netflix”は他のテレビ局と全方位でオリジナルコンテンツ制作を目指すはずで、今後他のキー局がどう動くかも注目される。いずれにしても、日本のネット動画配信事業はまだ始まったばかり。充実した無料地上波、BS放送の視聴に慣れきったユーザーが定額配信サービスに食指を動かすかどうか、日本テレビ、フジテレビの挑戦が、大きな試金石になることは間違いない。

あわせて読みたい

「Netflix」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ジャニーズ 戦略誤り厳しい局面

    大関暁夫

  2. 2

    大川長男 脱会原因は清水富美加

    文春オンライン

  3. 3

    わいせつ問われた医師に無罪判決

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    肉食べるな 配慮押し付ける社会

    文春オンライン

  5. 5

    トヨタの中条あやみCMは大正解

    永江一石

  6. 6

    医師わいせつ裁判の弁護士に疑問

    猪野 亨

  7. 7

    橋下氏「高野連の言い訳許すな」

    橋下徹

  8. 8

    不正統計巡る野党の追及は筋違い

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    小室さん 7月合格で一気に結婚か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    働き心地悪さで自滅するメディア

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。