記事

「維新の理事が大暴れして審議拒否。早く正常化を」安住国対委員長代理、与党・維新の国会対応を批判

画像を見る

 安住淳国会対策委員長代理は17日午前、定例記者会見を国会内で開き、(1)維新の党の審議拒否により不正常となった国会情勢と今後の対応(2)安保法案への対応(3)国会会期延長――等に関して見解を語った。

不正常となった国会情勢と今後の対応

 同日朝から開会予定だった衆院安保特別委員会や同農林水産委員会などの委員会が開かれていないことについて安住国対委員長代理は「国会が止まっているのはわが方のせいでは全くない。不可解なことだが、与党が審議を拒否している。維新なのかもしれないが早く正常化してほしい」と語り、与党と維新の党の国会対応を批判した。衆院各委員会では労働者派遣法と農協法の両改正案に関する対案の扱いを不服とした維新の党が、与党が維新の主張を飲まなければ審議に応じないとして各委員会での審議を欠席した。

 状況をどう見るかとの記者団の問いには「維新の理事が大暴れしたと聞いている。(政府・与党が採決ありきで委員長職権により強引に開いた12日の厚生労働委員会に民主党が抗議しても)審議を行ったくせに、維新がダメだといったときは審議を止めて与党まで審議拒否している。ちょっと異常な国会だ」「維新の議員は審議拒否するのはけしからんなどとして民主党を無茶苦茶批判していたが、どうなったか。確認したら批判した本人も委員会を欠席して審議拒否している。もう少し、言っていることとやっていることを合わせた方がいい」と政府・与党や維新の党の対応を批判した。

 また、農協法改正案については採決することを民主党も了解していると説明するとともに、この時点で維新の党がいきなり修正案を出してきたことについて「うちは党内手続きもしていないし中身も知らない。そうなればまた(その修正案についても)審議をしなければ採決に応じられないという当たり前の話をしているだけだ」と述べ、衆院農水委員会の審議を一方的に止め、他の委員会でも審議拒否している維新の党の対応について「常識を越えた対応だと思うし強く抗議したい」と指摘した。

 同一労働同一賃金法案や今回の農協法、安保法案等をめぐる維新の党の対応を前に民主党はどう対応していくか問われ、「同一労働同一賃金については共同提案しているのに、全く違う政党とネゴをして違う法案を出すというのは国会の慣例を知らない常識外の対応。まずそれに対してきちんと国会対策委員長がおわびに来なさいと言っている。そうしたことをちゃんとやらなかったら、この先も他の党とも含めて常識的な付き合いができなくなる。松野さんは記者会見でわびていたが、やはり国会には長年の慣例があり地方議会とは違うので、そうしたことを丁寧にやった方がいい」と語った。

 また、同一労働同一賃金をめぐる維新の党の修正案の内容について、「『均等』を求めていたが『均衡』になったと聞く。均等は対等だが均衡はバランスを取るだけなので、骨抜きにされたという話。そんなまったく中身のないものにわれわれは同調できない」と述べるとともに「(維新の党と)共同でわが党と生活の党は出しているのに、その法案をどうするのかという答えもなく、困ったなと思っている」と述べた。

安保法案への対応

 安保法制に関して領域警備法の提案はいつごろになるかとの記者の問いには「考えを示すのと法案を出すのは別」だとしたうえで、「(安保法案については)憲法の問題が惹起されてから、この法案は憲法違反という疑いを持っている国民がかなり多い。そういうなかで政府が10本を束にして出してきた法案だから果たして対案を出すほどなのか。廃案にした方がいいと思うから、分かりにくい対応はしないようにしようと思っている」と語った。そのうえで「例えば個々の法改正で一部賛成でも他の9法改正が反対であるのならばどうするつもりなのか」「こういう出し方をしたら入口でイエスかノーかを言えというような話で、熟議の国会を否定することになるということは再三言ってきた。(法案の)出し方が本当に良くない。悪質である」とも断じた。

国会会期延長

 政府・与党が国会会期の延長を検討していることについてどう見るかを問われると、「反対だ」と述べ、「150日と国会法で決まっているのだからその外にはみ出すようなものはコンセンサスを得られないと思わないとだめだ」と指摘した。「それを無理やり土俵を広げている。相撲もそうだが、決まった土俵の大きさで相撲をしているのであって、勝負がつかなかったら体力のある方が無限大に土俵を広げていったらそれは体の小さい力士は苦しくなるに決まっている」「なぜ150日かというのは、150日の間にコンセンサスを得られる法案だから国民の理解を得られるというのが普通の認識。維新の党はどうか知らないが、わが党と自民党のなかでは歩み寄るところは少ないと思うので、延長してやるというのは無理やり強行して国民の声も聞かずに採決するというふうにとらえざるを得ない」と与党の姿勢を批判した。

あわせて読みたい

「維新の党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。