記事

中露関係の見極め方 - 岡崎研究所

アジア経験の長い投資家、ジュリアン・スネルダーが、ナショナル・インタレスト誌ウェブサイトに5月15日付で掲載された論説にて、中ロはともに独裁国であるので、指導者の交代で関係は激変しうる、予期しがたく、安定した関係にはなりにくい、と指摘しています。

 すなわち、習近平は数年前、プーチンに「中ロ関係は世界一重要で、かつ最善である」と述べた。対独戦勝祝賀会では、両国の絆が再確認された。

 しかし、この関係を「便宜的枢軸」と片付ける人もいる。また両者の力関係の不均衡を指摘し、ロシアは従属的立場を受け入れないという人もいる。さらに、両国は中央アジアで衝突するとか、中国は「不平等条約」で失った領土を忘れていないという人もいる。

 それゆえ、中ロ接近の意義には議論の余地がある。

 中ロ両国においては、歴史意識や世論形成に公式プロパガンダが果たす役割が大きい。中ロの民族的「物語」は重複した点もあり、双方のメディアがそれを増幅させうる。たとえば戦争中の愛国的犠牲や、家父長的温情主義の伝統は両国に共通である。両国の違いより、共通の不満(バルカンへのNATO介入、米のイラク戦争、民主化策謀など)が強調されている。日本もまた古くからの敵である。

 中ロは安全保障面でもお互いに支援しうるほか、経済面では相互補完的である。トレーニン氏は、プーチンの欧州との決裂は最終的で、ロシアは「大アジア」に向かうという。

 他方、中ロで共通なのは長い国境、共産主義の過去、共通の敵の3点しかなく、アメリカへの対抗が両国のアイデンティティを決めているという人もいる。

 中ロ同盟はビスマルクが言ったように、騎手と馬の関係になろう。

 この中ロ関係には大きな不確実性がある。理由は、ロシアは一人の人間の支配下にあり、中国もますますそうなっているからである。こういう権力集中は指導者が変わると多くの事が変わることにつながる。中ロ関係は予測不可能な関係である、と論じています。

出典:Julian Snelder,‘Russia and China: A Great Power Partnership America Should Fear?’(National Interest, May 15, 2015)
http://www.nationalinterest.org/blog/the-buzz/russia-china-great-power-partnership-america-should-fear-12896

* * *

 この論説は中ロ関係の今後について接近、離反をもたらす要因を紹介したうえで、双方ともに独裁国家だから、指導者の交代で関係が大きく変わりうる、その意味で予測不可能である、と指摘しています。それはその通りでしょう。ただ、時間軸を長くとると、あらゆることは予測不可能になります。どういう時間軸で考えるかを明確にしないと、政策決定にはあまり役に立ちません。

 まずは、中ロ関係の現状をよく把握することが大切であると考えます。

 言うまでもなく、プーチンが今のロシアの指導者です。彼が指導者でいる限り、ロシアには欧米との対抗上、対中接近の動機があります。中国も南シナ海、東シナ海などでの海洋進出で米国と対抗関係にあり、対ロ接近に動機があります。したがって、現状では中ロ関係は疎遠化よりも緊密化の可能性がずっと大きいと言えます。それを踏まえて、対中、対ロ政策を考えるということになります。日本の出方で中ロ接近を阻止できるなどという考えは幻想に近いと言うべきでしょう。日本にはそこまでの力はありません。

 プーチン後については、ロシアの指導者に欧米協調論者が出てくる可能性があるように思われますが、これは今後の発展如何によります。それこそ予測不可能です。

 この論説からの教訓は、言うは易く行うのは至難ですが、中ロ接近を過大にも過小にも評価せず適正に評価すること、中ロ関係の推移に十分な注意を払い、その極東情勢への影響をよく考えることでしょう。極東情勢は中ロ関係の進展度合いに影響を受けますが、結局、日本としては、そういうことに備えるためにも、日米同盟をしっかりさせておくことが当然ながら肝要です。

【関連記事】
ロシアにも宣戦した「イスラーム国」の脅威
歴史で解き明かす中国とロシアの「正体」
中国が軍事力増強を続ける理由
「中国を転覆させる」のは誰か?
ロシアの戦勝70周年記念日 したたかな習近平と親欧米国にとどまらないロシア離れ

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  3. 3

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  4. 4

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  6. 6

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  7. 7

    コロナ発症の1~3日前から感染か

    ロイター

  8. 8

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  9. 9

    マスク2枚?それなら小切手を配れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。