記事

ギリシャ首相が緊縮策要求を非難、ユーロ圏離脱に現実味

[アテネ/ベルリン 16日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は16日、国際債権団が政治的な動機から一段の緊縮策を要求しているとして、ギリシャ政権に「恥をかかせるため」の試みだと非難。債務不履行(デフォルト)の危機が月末に迫る中、支援の条件となる緊縮策の受け入れを依然として拒む姿勢を示した。

これを受けて金融市場では懸念が広がり、欧州株式は一時2月以来の安値に下落した。

チプラス首相は、低所得層に打撃を与える年金削減や増税の要求には政治的な動機があり、「ギリシャ政府だけでなく、国民すべてに恥をかかせる」狙いがあると指摘。

欧州中央銀行(ECB)や欧州連合(EU)が債務軽減を認めないため、ギリシャの財政状況を追い詰めているとも批判した。

一方、欧州委員会のユンケル委員長は16日、ギリシャ支援協議で欧州委が行った提案についてチプラス首相が恣意的に歪曲してギリシャ国民に伝えていると述べ、首相を非難した。

ユンケル氏は、欧州委として医薬品や電気料金に課す付加価値税(VAT)の引き上げに賛成しておらず、防衛支出の「控えめな削減」など他の方法で財政健全化を図るよう提案してきたと語った。

またドイツのメルケル首相は、ギリシャ支援協議で新たな進展はほとんど見られないとの認識を示し、18日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)で妥結するかは明言できないと語った。

メルケル首相は、改革案をめぐりEUや国際通貨基金(IMF)と合意するようチプラス首相に促すため、過去数週間にわたって電話会談を行ってきた。

<デフォルトとグレグジット>

6月末までに支援が再開されなければ、ギリシャは月末に期限を迎えるIMFへの16億ユーロ(18億ドル)の返済ができずデフォルトとなり、ユーロ圏離脱の可能性が現実味を帯びる。

メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の有力議員、ミヒャエル・グロッセ=ブレメル氏は16日、ギリシャ政府が堅実な改革案を提示しない場合、同国の「グレグジット(ユーロ圏離脱)」は認められるべきだとの意見を表明した。

フィンランドのシピラ首相も、ギリシャがIMFへの債務返済期限である6月末までに債権団と支援協議で合意に達するには「奇跡が必要」と悲観的な見方を示した。

同首相は記者らに対し「状況は厳しく、期限は迫っている。言えるのは、問題が来週解決するには奇跡が必要だということだ。ただ、誰もがまだそれを目指している」と述べた。

関係筋によると、ユーログループの実務当局者らが16日午後、18日の財務相会合の準備のため電話会議を行ったが、新たな進展はなかったという。

*見出しを修正しました。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  10. 10

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。