記事

【衆院安保特】「あいまいな答弁では国民は納得しない」長島議員

 衆院安全保障特別委員会で15日、政府提出の安全保障関連法案に関する一般質疑が行われ、民主党から質問に立った長島昭久議員は、政府に対し見解をただした。

 長島議員は冒頭、「4日の衆院憲法審査会で、3人の憲法学者からこの法案は憲法違反であるとの指摘を受けた。国権の最高機関である国会で、違憲のそしりを受ける法律を成立させるわけにはいかない。今後この問題は避けて通ることはできない」と強調した。

画像を見る

砂川事件最高裁判決の位置付け等を追及する長島議員

 砂川事件最高裁判決の位置付けについて、「裁判で問われたのは、駐留米軍が憲法9条2項に言う戦力かどうかだ。駐留米軍の合憲性については、統治行為論で判断回避したもの。この最高裁判決は、自衛隊の合憲性、自衛権の内容、ましてや集団的自衛権についても判断していない。法学を勉強してきた者には、一般常識にも近い理解だ」として、砂川判決で集団的自衛権が根拠付けられたのかどうかを横畠内閣法制局長官に質問した。横畠長官は「今般の新3要件の下で認められる限定的な集団的自衛権の行使については、砂川判決において論じているわが国自衛のための措置を越えるものではなく、同判決にいう自衛権に含まれるというふうに解することが可能だ」と答えた。長島議員は「集団的自衛間は国際法上の概念。砂川判決の法理を持ちだしてくることは後知恵に聞こえる。これでは納得されない」と、指摘した。

 長島議員はまた、「国会での議論の積み重ねの中で憲法解釈は確定している。安保環境が厳しくなれば拡大し、厳しくなくなれば縮小するという伸縮自在の憲法解釈はあり得るのか。これが法規範なのか」と質問。畠山法制局長官は、「現実の認識が当然踏まえられるべきものと考えられる。変えることのできないルールではなく、現実を踏まえてどう理解するかということ」と答えたが、長島議員は「それは政策判断として変わるもの。憲法解釈は規範のぎりぎり許される範囲のものであり、範囲の限界が伸縮自在に動くことはおかしい」と答弁を強く批判した。

 長島議員は、これまでのようなあいまいな説明では国民は納得しない。国民が納得できるような時間が必要だと述べて質問を終えた。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。