記事

米EIA、週間燃料需要予測にリアルタイムの輸出統計反映へ

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米エネルギー情報局(EIA)は、米国土安全保障省が管理するリアルタイムの輸出データの利用を初めて認められた。これにより、毎週発表する燃料需要予測の精度を高めることが可能になる。

EIAは毎週発表する週間石油在庫統計で、エネルギー会社から提供された在庫や精製量に関するデータのほか、燃料の輸出量などの基本データを予測モデルに基づき算出して発表してきた。

EIAは現在、週間の輸出量の予測に、過去60カ月の輸出データに基づく計算モデルを使用しているが、入手可能なデータが最新でないという問題がある。

米国の精製燃料の輸出量が2010年以降倍増するなか、より信頼できるデータの必要性が高まっており、今回の変更は業界関係者に朗報といえる。

EIAによると、具体的な日程は決まっていないが、今後数週間以内に、国土安全保障省税関・国境取締局が提供するリアルタイムの輸出データを予測に使えるようになる。このデータは通常、公開されていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。