記事

ナイキを米当局が捜査、ブラジルサッカー連との契約めぐり=報道

[ワシントン 12日 ロイター] - 米スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>が1996年にブラジルサッカー連盟(CBF)と結んだスポンサー契約の下での支払いについて、ナイキなどによる不正行為の可能性を示す証拠が見つかったとして、米当局が捜査していることが分かった。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が12日、事情に詳しい関係者の話として伝えた。

国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件でナイキは何ら訴追されていないが、米司法省などがFIFAの幹部らを起訴した際、ブラジルとの契約で名指しはしていないものの、明らかにナイキとみられる企業がリベートを支払ったことが明るみに出た。

起訴状によると、「スポーツウエア会社A社」が「マーケティング手数料」として、当初のCBFとの契約にない4000万ドルを、ブラジルのスポーツマーケティング会社トラフィックの関連会社のスイスの銀行口座に支払うことで合意した。

同紙は関係者の話として、起訴状に書かれたこの企業がナイキだと報じた。

米連邦捜査局(FBI)のケリー・ラングメッサー報道官は記事に関するコメントを控えている。

捜査を主導するニューヨーク州検事局は問い合わせに即座に返答せず、ナイキからもコメントは得られなかった。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  8. 8

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  9. 9

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  10. 10

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。