記事

「アベを最前線に送る戦争絶滅法案を」 2万5千人が国会包囲

画像を見る

I am not ABE マスクは安倍政権になって物言えなくなったことを表す。=14日、国会議事堂正門前 写真:筆者=

 論理破たんで国民には説明がつかない。それでも戦争ができる国に持って行こうとしているのが安倍政権だ。

 「力ずくの憲法破壊を許してはならない」。平和な生活を願う2万5千人が、きょう、人間の鎖となって二重三重に国会を包囲した。(主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会)

 議事堂正門前の特設ステージには、安保法制に反対する野党議員や文化人が次々と登壇した。

 佐高信氏(評論家)は身を乗り出すようにして言葉を放った―

 「アベは最前線に送る。アッキーは野戦病院の看護師になる。宗教指導者も最前線に送る・・・こうした戦争絶滅法案を出さねばならない。今までは平和のパスポートだった。アベを引きずり下ろさなければ私たちは戦争のパスポートを持つことになる」。

画像を見る

戦争法案を審議中の国会に向かってシュプレヒコールをあげる参加者たち。=14日、議事堂正門前 写真:筆者=

 鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)は呼びかけるように話した―

 「こんな酷い政権はこれまでなかった。国民の声を無視して独裁政治をする。アドルフ・ヒトラーと同じじゃないですか。わたしはアドルフ・アベ政権と呼んでいる。アドルフ・シンゾーが耳をふさいでも届くように全国から皆が集まって声をあげる必要がある」。
 
 政治の非情さを知る2人のスピーチに、会場から割れるような拍手が起こった。

 子を持つ親は戦争法制の行方に気を揉む。練馬区から足を運んだ女性は、21才と19才の息子がいる。

 「徴兵制には絶対させたくない。世界で戦争が起こっているのだから想像力があれば分かること。子供の命を失いたくない。子供を死なせる世の中にしたい母親は世界のどこにもいないはず」。彼女はハンカチで目頭を押さえながら話した。

 国会周辺が人で埋め尽くされるのは久々だ。移動するのにも掻き分け掻き分けしなければ進めなかった。

「戦争法案、絶対反対」
「アベは辞めろ、今すぐ辞めろ」・・・

 2万5千人(主催者発表)の怒気が国会議事堂に突き刺さった。


『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  3. 3

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

  9. 9

    JTBがGoToトラベルの情報を独占

    文春オンライン

  10. 10

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。