記事

「皆さんと一緒に戦っていく」国会包囲行動で長妻代表代行が訴え

 長妻昭代表代行は14日午後、「戦争させない・9条壊すな・総がかり行動実効委員会」が呼びかけて国会前で開かれた「とめよう!戦争法案 集まろう!国会へ 6・14国会包囲行動」に民主党を代表して参加。集まった多くの参加者へ向け、「日本がおかしくならないように一緒にがんばろう」と、力強く訴えた。

 長妻代表代行は、「今世界の情勢、日本を取り巻く環境が変わりつつあることは認識している。領域の警備を万全にしていくことは必要だと考えているが、だからと言って、地球の裏側で自衛隊が武力行使を出来る、集団的自衛権を際限なく行使できることはおかしい」と述べた上で、「政府は、集団的自衛権に歯止めはあると言っているが、われわれが国会質疑で確認した限り歯止めはほとんどない」「安保政策は政治家が政策で決めると自民党は言っているが、憲法の範囲内で政治家が決める、憲法の範囲を越えて政治家は法律を制定してはいけないという前提を忘れている」と、政府・自民党の考え方を厳しく批判した。

 政府・自民党が1959年の砂川事件最高裁判決を集団的自衛権行使容認の根拠とすることについては、「あの判決は、駐留米軍が憲法9条第2項で保持を禁じられた戦力に当たるかどうかが争われた裁判だ。どこをどう見ても集団的自衛権の行使をわが国に認めているとは読めない。こんなおかしな解釈は撤回させなくてはならない」と訴えた。

 自衛隊の最高指揮官である総理の資質についても言及し、「70年前の戦争の反省や教訓を正しく胸に刻んでいるかどうかによって、間違った戦争をするかしないかということになる」として、国会の安保特別委員会の質疑で、この資質を大きく問わなければならないと述べた。

 最後に長妻代表代行は、「われわれ民主党の政策を政府にぶつけていく。皆さんと一緒に、日本がおかしくならないように戦っていく。ともに頑張っていこう」と呼びかけた。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  10. 10

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。