記事

6月13日(土) ムネオ日記

 昨日、無所属の亀井静香代議士、山﨑拓元自民党副総裁、武村正義元さきがけ代表、藤井裕久元民主党幹事長が、日本記者クラブで記者会見し、安保関連法案について「反対」を表明している。4人とも、元自民党代議士であった。

 特に山﨑拓氏は、防衛庁長官経験者である。

 報道によると山﨑氏は「不戦国家から軍事力行使国家へとの大転換を意味し、国策を大きく誤る」と断じている。

 個人の発言に、いちいちコメントする立場にないと政府は冷静を装うが、少なくとも、政府与党にあって、それなりの立場リーダーとして、政策を進めてきた人達である。

 こうした経験ある人の発言は重いと受けとめるのが当然でないか。「切って捨てるような物言いは失礼だ」との声が多数よせられる。私もそう思う。

 どう考えても国民が圧倒的に慎重審議を求め、安保法制について十分理解されているとは言い難い。慎重の上にも慎重に何も今国会で成立しなくてもよい法案である。

 アメリカでこの夏までに成立させると発言したからといって、それに縛られるものではない。ここは柔軟に懐深くして対応すべきである。

 会期末まで10日となった現在、無理して会期延長をする必要はない。一呼吸おく余裕があってよいのではないかと思うのだが、安保法制よりも、年金名簿漏洩流出問題、地方の景気回復を、もっともっと熱心にやるのが政治でないかと思うのだが、読者の皆さんは如何お考えだろうか。



 朝の便で札幌に出て、14時から札幌大通り公園で今月のウォーク&トーク。

 ちょうど「ヨサコイソーラン」が行われており、多くの人が出ていた。ヨサコイソーランが行われると北海道にも初夏の訪れである。



 15時から北海道大地塾。

 今日も熱心な人が参加してくださり、大変有難かった。

 このウォーク&トーク、大地塾は月1回の新党大地の地道な活動として定着してきた。積み重ねの大事さ、重さを感じるものである

リンク先を見る

リンク先を見る

リンク先を見る

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  2. 2

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  5. 5

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

  6. 6

    ニトリ偽サイト「ミトリ」に注意

    ABEMA TIMES

  7. 7

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  9. 9

    子ども脅かす爆撃機に日本の技術

    田中龍作

  10. 10

    医療従事者への誹謗中傷 SNSでも

    川名 ゆうじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。