記事

代表復帰のレジェンド・澤穂希、戦い続ける3つのワケ - スポーツ・インテリジェンス【第14回】

松瀬 学=文

「特別な大会」前に落選

メンバー交代でベンチにさがる際、澤穂希の笑顔に充実感が漂った。8日(日本時間9日)、バンクーバーでの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の初戦。「なでしこジャパン」はスイスを下し、白星発進した。試合後、澤はテレビインタビューでこう、話した。「節目の日を勝ち点3で終われたのは非常にうれしいです」と。

15歳で日本代表に初めて選出されて以来、これで代表通算200試合目となった。ざっと20年余。4年前にはなでしこジャパンのW杯初制覇に貢献し、国際サッカー連盟(FIFA)女子最優秀選手賞にも輝いた。2012年ロンドン五輪では銀メダルを獲得した。もう36歳。それでも世界の第一戦で戦い続けるワケは何なのだろう。

まず1つ目は代表漏れの「悔しさ」である。澤は昨年5月のアジア杯後、代表に選ばれなかった。年齢ゆえの体力の衰えはある。昨年の終盤、けがもしてしまった。だがコンディションをきっちり整え、「何歳になっても特別な大会」と表現するW杯に戻ってきた。

6度目のW杯出場となった。これは男女を通じて初の快挙である。佐々木則夫監督の信望も厚く、背番号10は澤と決めていたに違いない。澤にとって、これが最後のW杯。初戦の後、澤はこうも漏らした。「久しぶりにドキドキ感と緊張感もあって、その中で楽しくサッカーができました」と。

レジェンドの弱点はハト?

2つ目は「女子サッカー」のためである。男子サッカーと比べ、女子の環境は厳しい。小学生時代は男女一緒にやっても、中学生になると女子のプレーの場が少なくなる。澤は12歳で読売ベレーザ入りし、20歳でアメリカのリーグに移籍した。

チャレンジの連続だった。前回のW杯優勝で女子サッカーの知名度、なでしこリーグの人気をイッキに押し上げ、プロの選手も増えてきた。環境が少しずつ変わった。

「すそ野の拡大・改善」「未来ある子どもたちのために」との思いが根強い。W杯連覇をすれば、女子サッカーの人気を加速させることができる。さらに環境を改善させることにもつながる。

3つ目が、自身が「納得」したいからである。「根性の塊」のような風貌と、全身を貫く活力、最後まであきらめない執着心は相変わらずだが、からだを張った献身プレーが多くなった。「チームの結束力」をよく口にするようにもなった。

そこには人間力の成長がある。幾多の修羅場をくぐり抜けてきたからか、澤は懐が深くなった。余談を言えば、今年2月、テレビのバラエティー番組でたまたま一緒になったことがある。とくに威張りも気取りもせず、なんともまあ自然体だった。

たしか澤は「PKとハトが死ぬほど苦手」と打ち明けていた。PK戦でミスして以来、10年間ほど、PKを蹴っていないそうだ。さらにハトが飛び立つときの羽のバタバタという動きがコワく、鳥全体が苦手なのだと顔をひきつらせながら説明した。

もちろん、ピッチに立てば、人間が変わる。澤はこのW杯をサッカー人生の集大成にしようと考えている。最後はメンタル勝負。モットーが『夢は見るものではなく叶えるもの』。“レジェンド”澤がW杯連覇に走る。

松瀬 学(まつせ・まなぶ)●ノンフィクションライター。1960年、長崎県生まれ。早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、同大卒業後、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク勤務。02年に同社退社後、ノンフィクション作家に。日本文藝家協会会員。著書に『汚れた金メダル』(文藝春秋)、『なぜ東京五輪招致は成功したのか?』(扶桑社新書)、『一流コーチのコトバ』(プレジデント社)など多数。2015年4月より、早稲田大学大学院修士課程に在学中。

あわせて読みたい

「なでしこジャパン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋本聖子氏 池江への発言が炎上

    女性自身

  2. 2

    お父さんは違憲? 安倍首相に疑義

    赤木智弘

  3. 3

    尾崎豊の名曲 歌詞が今さら物議

    キャリコネニュース

  4. 4

    QUEENフレディ 過剰歯は誤訳か

    大隅典子

  5. 5

    祝日の国旗は右翼的? 奇妙な日本

    メディアゴン

  6. 6

    よしのり氏&香山氏 アイヌを激論

    篠田博之

  7. 7

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  8. 8

    「月20万円でレクサス」は安いか

    NEWSポストセブン

  9. 9

    女性店員へのセクハラで逆転敗訴

    猪野 亨

  10. 10

    マイナンバーカードの普及は必須

    菅義偉

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。