記事

ジャンクサイエンスに惑わされず、「科学」と「感情」は分けて考えるべき~「“安全性”を読み解くための 科学リテラシー講座」後編~

2/2

遺伝子組み換え作物には“表示義務”がある

須田:家畜の話ばかり伺っているんですけども、遺伝子組み換え飼料を食べた、牛や豚というのは、遺伝子組み換えについての表示がありませんよね。

唐木:ありません。

須田:これはどうなんですか。やっぱり表示すべきじゃないですか?

唐木:なぜないのかと言うと、遺伝子組み換えのトウモロコシを食べたら、そのトウモロコシはすべて消化をされる。そして、消化をされて栄養素になったものは、遺伝子組み換えでないものと、栄養素はまったく変わらない。そこが変わっていたら問題なんですけれども、変わっていないので、問題が起こっていないということなんですね。

須田:「そこにも選択肢を与えるべきでは…」という意味ではどうでしょう?

唐木:先ほど話題になったドキュメンタリー映画の中でも、「家畜が食べているからイヤだ」という描写がありました。これは、いわゆるハラールと似ているところがあると思います。つまり、拝んで殺した動物と拝まないで殺した動物はまったく同じ肉なんです。でも、イヤな人のために拝む。あるいは、イヤな人のために表示をする。そういうことは、これからあってもいいのかもしれません。

大谷:「こういう飼料を食べさせた豚だから美味しい」という前向きな表記はありますよね。

佐々野:パッケージ表示に関しては、まだまだ課題もあるんですか?

蒲生:そもそも食品の表示というのは、その食品がどういうものかを知る重要な情報だと思います。

遺伝子組み換え食品にも表示制度があり、食品表示法で遺伝子組み換え食品に関しては、表示義務が定められています。遺伝子組み換え食品の表示には、「遺伝子組み換え」と、「遺伝子組み換え不分別」の2つが義務表示として定められています。

その他に、「遺伝子組み換えでない」という表示もありますが、実はこれ、義務表示ではなく任意表示なんですね。書いても書かなくてもいい表示です。それにも関わらずこの表示を一番よく見かけますが、義務表示は「遺伝子組み換え」と「遺伝子組換え不分別」すなわち、遺伝子組換え作物とそうでないものを分けていないことを示す表示の2つです。

表示がされるものには1つ重要な前提があるのですが、それが先ほどお話した安全性評価です。安全性評価で、「安全である」と認められたものだけが商品化され、その商品化されたものに表示がされ、市場に出るという仕組みになっています。

遺伝子組換え表示は安全か否かを見分けるための表示だという人が時々いますが、そうではないのです。「遺伝子組み換え」「遺伝子組み換え不分別」表示は、安全性が確認された遺伝子組換え作物と、その遺伝子組換えと他の作物を分けて管理していない、ということを意味しています。安全性が確認された食品に対して、その上でなお消費者がその食品が遺伝子組換えであるかどうかを知るために遺伝子組換え表示があります。

「科学」と「感情」は分けて考える

佐々野:番組の中でも何度かお話に出てきたドキュメンタリー映画「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」って、単館上映で、普段長崎に住んでいる私は見られないんですよね。

だから、こういう情報というのも、なかなか自分から入っていかないと知らないという中で、こうした話が出来たのは、有意義だなという感じがしました。

唐木:私もその映画を見ましたけれども、ただ1つ注意しなくてはいけないのが、この映画は非常に巧みなキャンペーン映画だということです。この映画の監督が、遺伝子組み換えは絶対あってはいけないという心情を補強するようなものだけを持ってきて、うまく映画を作っている。だから、我々は科学リテラシーというのを身につけて、どこが本当でどこがウソなのかを見分けないと、つい騙されてしまうところがあります。

須田:はっきり言って私、つい騙されたタイプです。この映画を見て、遺伝子組み換え食品をやめておこうと思ったほどです。でも、なんとなく「イヤだな」「不安だな」と思っていて、じゃあ何が自分の不安なのか、何がイヤなのかを突き詰めて考えなかったところがあるんだろうと思うんですよね。

佐々野:何かが分からないまま、こういう情報をスポンジのように受けてしまうと、その情報どおりに自分も思ってしまうのかなという感じがしますよね。

唐木:ですから、その問題を考える時、2つのことを前提として考えていただきたいです。遺伝子組み換え食品の安全性は科学的に証明されていて、もう20年近く世界中で食べられている。そして、その安全性を脅かすような事態は起こっていないと。これは食経験といいますが、安全な食経験が積み重ねられているということをぜひ考えていただきたいです。

もう1つは、世界の話だけじゃなくて、日本でも家畜のエサを始めとして、油もですが、遺伝子組み換え食品がないと生活が成り立たないぐらい、私たちは毎日遺伝子組み換え食品を食べている。それで何か起こっているのだろうかということを冷静に考えていただきたいと思います。

大谷:今日、お話を伺っていて思い出したのが、震災の直後に、「水道水が危ない」という報道があり、コンビニからミネラルウォーターがなくなるという騒動がありました。あれも報道がされてネット上で情報が拡散すると、どうしても不安になるのは、消費者にとって当然の心情だと思います。

特に、生活必需品の場合、短い期間の中で安全性を確認するのは難しいと思うんですね。最終的には自分なりに確認するしかないと思うんですけど、そういう時の心構えはどうすれば?

唐木:心理学の問題が大きく関わるんですが、人間は「危険だ」という情報と「安全だ」という情報があった場合、どちらを信じるのが自分の身にとって安全かを考えます。そうなると、絶対に危険情報を信じるほうが、危険から逃れられるわけですね。

ですから、「遺伝子組み換えは安全だ」という情報がたくさんあっても、危険だという情報に私たちは気を取られてしまって、そちらを信じてしまう。こうした反応は、人間が生きていく上での本能としてあるんですね。ですから、発信する方も「危険だ」と言ったほうが売れるわけです。だから「危険だ」という本ばかりになってしまう。

これを情報のアンバランスと言いますけれども、そういった情報があるんだと認識していただくだけでも、情報リテラシーは随分進むと思います。

佐々野:これまで同じものを食べている家族同士で、遺伝子組み換え食品について話したことなんてまったくありませんでした。遺伝子組み換え食品の良いところ、危険と言われているところを両方、家族で見ながら、少し話してみようと思いました。

大谷:審査データみたいなものは、国の機関や消費者団体で公開されていたりするので、調べれば、比較的わかりやすく出てくるということですか?

唐木:食品安全委員会のデータは非常に専門的ですけれども、それを噛み砕いた出版物はたくさんありますし、ネットにもありますので、安全というデータもぜひ気にして見ていただけたらと思います。

佐々野:最後にお一人ずつ今夜の感想を頂戴したいと思います。

蒲生:リテラシーを高めるために大事なこととして先ほど、「危険だ」という情報を聞いた時、そこで止まらないこと、危険だという理由が何なのかに耳を傾けること、そしてその理由がただ主義主張で言っているのか、それとも本当に安全性・健康面に影響を及ぼす可能性がある具体的なデータまで言っているのか確認しましょうと申し上げました。

もう1つ加えるとすれば、1つの情報ですぐに結論を出さないこと。セラリーニ論文のお話もありましたけど、一見科学的に正しいような情報で、実はそれが否定されているにもかかわらず、否定された部分は隠されて何度も何度も繰り返し紹介されるというのは、遺伝子組み換えでよくあることです。

だからやはり、1つの情報だけで判断せず、色んな情報を聴くことで、気がつけることもあるかもしれない。「情報を鵜呑みにするな」というのは、リテラシーの話で言い古された言葉かもしれませんが、やはり重要なメッセージだなと思います。

唐木:今日は研究者として、科学の立場からのお話をさせていただきましたけれども、世の中は科学で動いているわけではなくて、感情で動いているんですね。ですから、遺伝子組み換えに対して、「好きだ」「嫌いだ」というのは、ちっとも構わないわけです。

しかし、「嫌いだ」という根拠に科学を持ってくる。これはきちんとした証明された科学を持ってくればいいんですけれども、そうではない怪しい科学を持ってきて「危険だ」と思っている方が結構多い。

その辺のところはぜひ、科学リテラシーを身につけていただいて、科学的なものと自分の意見を分けて考えていただけるようになったらいいなと思います。

大谷:何事もなかなか100%、プラスだマイナスだと割り切るのは難しいことが世の中たくさんあるわけです。そして、それぞれが置かれた状況や家庭環境などで、どれを選択すればいいかというのも、それぞれの人に委ねられているというところがあります。

しかし、判断材料というのは世の中にたくさん出ていますので、様々な選択肢をなるべく並べてみて、どれを選択するのがいいのか、しっかり考える習慣や態度を身につけていくのが大事なのかなという風に思いましたね。
[PR企画]

あわせて読みたい

「遺伝子組換え食品」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  4. 4

    丸山氏 国後島で「女買いたい」

    文春オンライン

  5. 5

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  6. 6

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  7. 7

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  8. 8

    山尾氏が手続きせず倉持氏と旅行

    文春オンライン

  9. 9

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  10. 10

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。