記事

「地獄への道は、善意で塗り固められている」政治家になって、一番ぐったりすることって

当たり前のことですけど、世の中って勧善懲悪じゃないですよね。

「既得権益が…」
「高齢者が…」

とか、それぞれの立場で理論を振りかざしてはいますけど、
どの人も悪いことをしようと思って行動しているのではなくて、
それぞれの立場の主張のぶつかり合いに過ぎないわけです。

私にとってそうした「矛盾」がもっとも現れるものの一つが、
児童相談所や児童養護施設などであったりします。

社会的養護に関する過去記事は↓
http://otokitashun.com/tag/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E9%A4%8A%E8%AD%B7/

リンク先を見る

本日は新宿にある、児童養護センターに視察でお邪魔いたしました。
最近、5月7日放送の日テレ「エブリ」で、その劣悪な環境がレポートされた現場でもあります。
※この報道内容がそのまま真実ではないと思われます

児童相談所は3回目、児童養護関連施設という括りでは10回以上は訪れたでしょうか。
その度に感じる、この心底まで貫く無力感・疲労感はなんなのでしょうか…
本当に、あらゆる行政視察の中で一番ぐったりする気がします。

都庁の役人も、児童相談所も職員も、議員も、子ども支援のNPOも。
誰もがそれぞれの立場で、「子どもたちのために」活動していることは間違いないはずです。
それなのになんでしょうか、このすれ違いとピリピリとした緊張感は。

Twitterでもこんなメンションが飛んできます。
それぞれの正義がぶつかり合って、結局その損害を被っているのは、
この問題に関しては間違いなく子どもたちなわけですよね。

限られた予算と人員の中で、子どもたちのために働く児童相談所。
そのやり方を非難するだけでは、改善しないことも良くわかる。

その一方で、今の児童相談所のあり方や雰囲気も、
絶望的なまでに子どもたちのためになっていないことも事実だと思う。

子どもを思う人たちの心と行動を、
どうやって一つの方向にまとめて、協力体制を築いて行くべきか…

まとまりのない内容で申し訳ありませんが、今の気持ちとして残しておきます。
明日改めて、本日の視察のレポートを書かせていただきますので。

うーん。。
それでは、また明日。

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 31歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、地方議員トップブロガーとして活動中。

twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「社会福祉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  4. 4

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  5. 5

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  6. 6

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。