記事

歳出改革、公的サービスの産業化等への取り組みで=骨太方針骨子案

[東京 10日 ロイター] - 政府は10日開催された経済財政諮問会議に「経済財政運営と改革の基本方針2015」の骨子案を提示した。その中で、今後5年間を対象期間とした「経済・財政再建計画(仮称)」を策定。

歳出改革については「公的サービスの産業化」「インセンティブ改革」「公共サービスのイノベーション」に取り組むことを柱に据えた。歳入改革では、消費税率の10%への引き上げを2017年4月に実施することと、「経済構造の高度化、高付加価値化」を進めることを通じて新たな歳入増を実現することを掲げた。

こうした基本的考え方を推進し、2020年度には基礎的財政収支(PB)黒字化を実現することとし、PB赤字対国内総生産(GDP)比を縮小。債務残高のGDP比を中期的に着実に下げることを目標に挙げた。

改革のメルクマールとして、18年度までを「集中改革期間」と位置づけ、専門調査会を設置し、改革の慎重な管理や評価を行う。その際、18年度のPB赤字の対GDP比1%を目安とする。

消費税率引き上げを予定する17年度に向けては、「その円滑な実施に必要となる経済環境を整えるため、必要に応じ機動的に対応」との文言も盛り込んだ。

主要分野の改革で焦点となる社会保障分野では、経済再生と財政健全化および制度の持続可能性確保の実現を目指した改革を行うとした。そのために、医療・介護提供体制の適正化、インセンティブ改革による生活習慣病の予防・介護予防、公的サービスの産業化の促進、負担能力に応じた公平な負担、給付の適正化、薬価・調剤等の診療報酬にかかる改革および後発医薬品の使用促進を含む医薬品にかかる改革に取り組むとした。

社会資本整備では、人口減少を踏まえて重点化した取り組みを進めるとともに、優先度や時間軸を明確にするとした。また公共施設運営でストック量を適正化。コンセッション方式など多様なPPP(官民パートナーシップ)・PFI(プライベイト・ファイナンス・イニシアティブ)の拡大に取り組む。

計画の初年度に当たる16年度の予算編成に向けた基本的考え方として、経済好循環を確かなものとして、地方にアベノミクスを早く行き渡らせるため、早期の予算執行と賃金上昇の定着、投資促進の環境整備に取り組む。また、制度改革を大きく前進させるとした。歳出面の無駄排除、厳しい優先順位付けを行う一方、歳入面では課税ベース拡大等による税収拡大と、課税インフラ整備、税外収入確保を着実に進める。

また諮問会議では、民間議員らが財務省の予算編成プロセスを見直すよう提案した。この提案では、諮問会議の専門調査会が各府庁の予算を評価し、それと連携しつつ財務省が予算編成を進めることになる。

民間議員の提案の狙いは、概算要求基準について、従来のように分野ごとに予算枠を設定する形をやめ、社会保障関係費、義務的経費、裁量的経費にかかわらず公的サービスの産業化やインセンティブ改革に取り組み、歳出効果の高い歳出(ワイズスペンディング)に転換を促す仕組みを目指すことにある。来年度概算要求から実施し、歳出改革を最大限盛り込むとしている。

経済・財政の一体改革に向けた歳出改革では、今後5年間を対象期間とし、上記のような歳出改革の効果が発揮されることにより賃金・物価上昇率を下回る伸びが想定されるとして、名目3%・実質2%の「経済再生ケース」に比べて歳出抑制が図れるとの考え方を示した。

歳入面でも企業の新陳代謝、就業者の所得向上が進むことや、公的部門の民営化などの効果により経済活動における民間企業のシェアが高まることを念頭に、歳入の追加的効果を見込む。

2018年度の中間評価時点で、基礎的財政収支の対国内総生産(GDP)比を1%程度の赤字まで改善させることを目安とするが、国の一般歳出については、社会保障の高齢化による増加分を除き「増加を前提とせず歳出改革に取り組む」とした。

カギとなる社会保障関係費については「高齢化要因も考慮し、安倍内閣におけるこれまでの増加ペースを踏まえつつ、消費税率引き上げに伴う充実を図る」との方針を示した。

ただ、各年度の歳出については、一律でなく柔軟に対応するとした。

(中川泉)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  3. 3

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  4. 4

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。