記事

アングル:韓国で募るMERSへの不安、集落全体の封鎖も

[ソウル 8日 ロイター] - 中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大が止まらない韓国。死者の増加などに伴って社会に不安がまん延し、プロ野球の観客動員数減少から集落全体の封鎖までを招く事態となっている。

「突然、移動できなくなった。ここから出たら、警察に捕まるか、携帯電話から追跡されるだろう」

同国の南西部に位置する全羅北道では1つの集落全体が封鎖されたが、住民の1人は当時の様子を電話でこう語った。

現在同国では、MERS感染者と接触があった可能性のある約2500人が隔離対象となっている。その一部は病院に収容されているが、大半は自宅隔離の状況にある。政府は隔離対象者の違反を止めるため、携帯電話で居場所を追跡している。

首都ソウルの江南コミュニティー保健センターの職員は、隔離対象者の女性が行方不明になった際、ゴルフコースにいることを突き止め、自宅に戻るよう要請したと明かした。

同職員によると、この女性は江南区の住民で、電話に出なくなったために保健当局者が自宅を訪問したが、応答がなかったため警察に通報した。警察が女性の携帯電話を追跡し、数百キロ離れたゴルフコースにいたことが判明したという。

韓国のMERS感染は拡大する一方であり、サウジアラビア以外で最大の流行を引き起こしている。感染拡大は、先月初めに中東から戻った男性が治療を求めて複数の医療施設を訪れたことから始まった。すべての感染は、男性が訪れたこうした医療施設で起きたとみられている。世界保健機関(WHO)は、ヒトからヒトへの感染力が持続的であるとの証拠はないとしている。

全羅北道は赤唐辛子で有名な地域だが、白い防護服姿の人たちが、集落へと通じる道路の通行を監視している。

前述の住民は「戦争のさなかにいるわけでもない。事前の連絡も何もなかった」と述べた。

外部との唯一の接触は、住民の検温のため1日2度やって来る保健当局者だけだ。国内の事故・災害安全問題を統括する国民安全処は8日、集落住民に食料やその他の必需品を提供すると発表した。

同集落は、72歳の女性住民がMERS感染の診断を受けた4日に封鎖された。女性は感染の中心となった平沢市の病院から退院後に村に戻り、具合が悪くなったという。女性の息子は電話でロイターに対し、「5月21日に医師から退院許可が出た。生活している場所なので自宅に戻った」と語った。

当局者によれば、女性は複数の近隣住民と接触していたため、集落全体の105人が隔離されている状況にあるという。

<野球と礼拝>

8日には学校約2000校が休校となり、一部の母親は仕事を休んで子供の面倒を見ることになった。

7日に行われたプロ野球の観客数は1試合平均8693人だったが、これは今シーズンに入って日曜日に行われた試合の同1万3376人を3割以上も下回る数字。

また映画協会によると、6月5─7日の国内興行収入は、2週間前と比べて35%減少した。

ソウルにある教会の一部は聖書の勉強会を中止し、日曜礼拝の参加者も減少している。2番目に多くの感染者数を出した病院に近い江南区の主要な教会の1つは、教区民に対し、あいさつするときは握手ではなく、おじぎをするよう助言している。

文化体育観光省は、ホテル、レストラン、ショッピングセンター、観光バスに消毒用ジェルを配布し、神経をとがらす観光客を安心させようと努めている。

リゾート地の済州島では、馬のショーなどが見れる観光施設の代表者が、飼育するラクダ24頭すべてが「MERS検査で陰性」だったにもかかわらず、訪問者数は減少したと語った。

MERSウイルスの起源は明らかになっていないが、いくつかの研究はラクダとの関連を示している。一部の専門家はラクダとの密接な身体的接触もしくはラクダの肉や乳を摂取することでMERSウイルスがヒトに感染すると考えている。

「ラクダは6月5日から隔離されている。ラクダで行くトレッキングも再開できない。人々がまだMERSを恐れているからだ」と同施設の代表者は述べた。

(Ju-min Park記者、James Pearson記者、翻訳:伊藤典子、編集:宮井伸明)

あわせて読みたい

「MERS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  2. 2

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  3. 3

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  5. 5

    布マスク配布より緊急事態宣言を

    やまもといちろう

  6. 6

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  7. 7

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

  8. 8

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  9. 9

    首相 全世帯に布マスク2枚配布

    ロイター

  10. 10

    通勤で不可避 電車での濃厚接触

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。