記事

シャープのリストラはうまくいくのか - 入山章栄

1/2
早稲田大学ビジネススクール 准教授 入山章栄=答える人 宇佐見利明=撮影

中途半端では業績は最悪になる

シャープが業績不振に苦しんでいます。2015年3月期決算では2223億円の最終赤字に転落。決算発表では、再建に向けた中期経営計画と希望退職の実施を打ち出しましたが、株価は大幅に下落しました。

筆者(入山章栄氏)も今回の再建策が十分とは思えません。重要な点は、希望退職、いわゆるリストラクチャリング(以下リストラ)の、(1)規模と、(2)連動すべき戦略の「中途半端さ」です。

15年3月末現在、シャープの従業員数は国内外で約5万人です。今回の再建策では「(9月末までに)国内で3500人規模の希望退職を実施、年度末までにグローバルで約10%程度の人員削減を目指し、新たな事業構造に見合ったスリムな人員体制を実現します(※1)」としています。ここで考えたいのが、「企業の収益性は『スリムな人員体制』によって回復できるのか」ということです。

経営学では、企業の人員削減の収益性への効果について、様々な統計分析が行われてきました。特に近年多くの研究では、「人員削減が企業収益にプラス効果を及ぼすのは、一定の条件を満たしたときに限る」という主張が強くなっています。つまり条件を満たさなければ、人員削減は収益性にむしろマイナスなのです。ここでは代表的な2つの研究から、その条件を探ってみましょう。

第一は人員削減の「規模」です。この点については、スイスのザンクトガレン大学のトミ・ラーマネンなどが2014年に『ジャーナル・オブ・マネジメント・スタディーズ』で発表した研究が知られています。

ラーマネンたちの主張は、「企業の人員削減が成功する条件は、『ごく小規模で行う』か、『徹底的に大規模でやる』かのどちらかに限る」。逆に言えば、小規模でも大規模でもない「中途半端な人員削減」が一番望ましくない、ということです。

ラーマネンたちは、この主張を「ルーティン(Routine)」という組織理論に求めます。企業組織の競争力に重要なのは、従業員が共有する「企業独自のビジネスの進め方(ルーティン)」である、という考えです。

どの企業組織にも、時間をかけて築いてきた固有の効率的・効果的なルーティンがあるものです。そして企業の人員削減が小規模なら、そのルーティンは維持されるので問題ありません。他方で、大規模な人員削減では残された従業員に危機感が生じ、新しいルーティンが模索されます。しかし人員削減がその間くらいの「中途半端」に留まると、人が辞めることで組織からルーティンが切り取られる一方で、残された従業員も新しいルーティンを模索しないため、業績が最悪になるのです。ラーマネンたちは1996年から2006年の欧州の主要73企業の時系列データを使った統計分析を行い、この傾向を明らかにしました。

では、どの程度が「中途半端な人員削減」にあたるのでしょうか。ラーマネンたちの分析結果をみると、「全従業員の約2割から3割5分を削減したとき」となっています。

リンク先を見る
グラフを拡大
シャープは3年前にもリストラ済み

シャープは今年度末までに従業員の1割を削減する方向ですから、一見これは「小規模」に見えますが、同社は3年前にも経営危機を迎え、人員削減を実施しています。12年当時の従業員数は約5万6000人で、現在の従業員数は約5万人ですから、すでに6000人程度が削減されています。さらに今回が5000人程度。合計すると、のべ1万1000人程度となり、まさに全従業員の2割という「中途半端な人員削減」になってしまうのです。

ラーマネンたちの研究は欧州企業が対象ですから、シャープにそのまま適用するのは拙速です。しかし、「中途半端な人員削減」がリスキーなのは理論的には明らかで、そしてシャープの人員削減案がその範疇に落ちる可能性は高いのです。今後は、かつての同社の強みだったルーティンが一方的に失われ、新しいルーティンも築けない、最悪の状態になる懸念があるのです。

あわせて読みたい

「シャープ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  5. 5

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  6. 6

    769億円で「幽霊法人」に発注か

    文春オンライン

  7. 7

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

  8. 8

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  9. 9

    解除後初 都内で集団感染発生か

    ABEMA TIMES

  10. 10

    テラハ制作の無責任 過剰演出も

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。