記事

ドローン事件、躍る阿呆に見る阿呆

 以前、総合オピニオンサイト「iRONNA」でネットリテラシーや少年犯罪に関する「マスゴミよりたちが悪い私刑化社会」と題したテーマを公開した際、ノエル少年について触れた。川崎市の中1殺害事件で加害少年宅を無断で動画撮影し、警察官から注意を受けながらも「報道の自由は僕にもある」などと抗弁した、あの少年である。先日、ドローンを飛ばすと予告したとして逮捕され、物議を醸したお騒がせ少年だが、もう知らない人はいないだろう。

 いまさら少年法の理念がどうとか、罪を犯した少年の行動を擁護するつもりなどさらさらない。ただ、一つ気になったのは、こうした彼の挑発的な行動の裏にはすべて、「囲い」と呼ばれる無責任な支援者の存在が関わっていたのかという点である。

 ノエル少年のホームページをみると、「ノエルへの支援について」と書かれたページが存在する。そこには自分の銀行口座が明記され、「ご支援はウェブマネーやAmazonギフト券でも可能」とも書かれている。さらに、バナー広告の募集や、手彫りの消しゴム判子やオリジナル自由帳などの文房具もセット販売しており、過激な生配信を繰り返した背景には、ネットの世界で有名になり、サイトへのアクセス数を増やすことで多少なりとも収入を得る目的があったことがうかがえる。

 これまでの報道をみる限り、少年は動画配信による広告収入のほかにも、「囲い」と呼ばれる支援者から多額の寄付を受けていたとされる。その額は少なくとも数十万円に上るとみられ、生配信に必要な端末やドローンなどの機材購入などに充てられていたという。これが事実とすれば、「囲い」の存在が少年の過激な行動を助長していたことは明らかである。

 少年を金銭的に支援し、過激な行動に走らせた「囲い」とは、いったいどんな存在なのか。読売オンラインの記事によると、「囲い」とは「ファン・リスナーが、配信者を囲い込んで自分たちの思うとおりに動かそうとすることを揶揄する用語」であり、「それが転じて、熱心なファンのことを指すこともある」という。

 さらに、彼らの存在は配信者にとって金銭的な支援だけでなく、時に精神的な支えにもなるらしい。記事によれば、「ネットライブ動画配信は、視聴者からのコメントをリアルタイムで見ることができるのが特徴だ。コメントを読むことで、双方向にコミュニケーションできるのが最大の魅力である。しかし、そのコミュニケーションが、行動をエスカレートさせてしまうことがある」という。

 つまり、「囲い」とは自らの手を決して汚すことなく、配信者を煽って、過激な動画を投稿させては、それを見て楽しむという身勝手かつ無責任な存在なのである。もちろん、ノエル少年にしても、ただ単に彼らに利用されたというよりは、「配信で生計を立てる」という彼自身の目的のために、百も承知の上での行動だった感は否めない。

 ネット世界に求めた「居場所」から逸脱し、現実社会にまで火の粉を撒き散らした彼らの行動は、もはや興味本位や悪ふざけの度を超えており、当然非難されるべきだ。そして、「夢の新技術」とまで持ち上げられたドローンまでも、こうした事件が起きるたびに迷惑な技術というネガティブイメージが先行し、結果として規制論議に拍車をかけてしまっては本末転倒である。

 一部報道によれば、逮捕された少年を支援した「囲い」についても、警察が唆しの疑いで捜査を進めているという。「踊る阿呆に見る阿呆」とはよく言ったものである。警察にはぜひ厳罰をもって対処してほしい。ここで歪んだ「暴走」を止めなければ、第二、第三のノエルがきっとまた現れる。(iRONNA編集長、白岩賢太)

■ ■ ■
 各地で小型無人機「ドローン」を飛ばし、トラブルを起こした「ノエル」こと横浜市の15歳の少年が逮捕された。少年が挑発的な言動を繰り返した背景には、「囲い」と呼ばれる無責任な大人の存在も浮かぶ。無法地帯と化すネット世界。歪んだ暴走を止めることができるか。

 ドローン事件からみえるネットリテラシーについて考える「誰か僕を止めてください!」は、総合オピニオンサイト「iRONNA」でご覧ください。

関連記事
誰か僕を止めてください!
その「気軽な」書き込みが犯罪です
「ノエル」少年の心と行動を読み解く
少年を導く能力を持たなかった普通の大人たち
低レベルのネット釣り師に引っかかる ネット社会の危うい人々

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  2. 2

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  3. 3

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  4. 4

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  5. 5

    堀江貴文「西野亮廣の『えんとつ町のプペル』が大成功したたった一つの理由」

    PRESIDENT Online

    09月17日 16:17

  6. 6

    次の首相は誰に? 自民党総裁選の4候補が意気込みや政策語る

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:23

  7. 7

    岸田氏と河野氏だけの争いではなくなった自民党総裁選 予断を許さぬ激しい戦いに

    早川忠孝

    09月17日 17:04

  8. 8

    始まった自民党総裁選 次のリーダーは党内の淀んだ空気を変えられるのか

    毒蝮三太夫

    09月17日 15:56

  9. 9

    【演説全文】野田聖子氏「自民党は反省と検証が必要」 自民党総裁選・所見発表演説会

    BLOGOS編集部

    09月17日 14:06

  10. 10

    がん患者に断食やサプリメントを推奨 クリニックへの疑問から“潜入取材”した医師

    ABEMA TIMES

    09月17日 15:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。