記事

「バフェット氏と昼食」に約2.94億円、中国企業が落札

[6日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利のオンラインオークションが5日夜に締め切られ、中国のオンラインゲーム開発会社、大連天神娯楽<002354.SZ>が234万5678ドル(約2億9430万円)で落札した。

ネット競売の米イーベイ<EBAY.O>で5日間にわたって行われたオークションには、計76の入札があった。落札額は昨年の約217万ドルを上回ったものの、過去最高だった2012年の345万6789ドルは大きく下回った。

落札者は、ニューヨークのステーキハウス「スミス・アンド・ウォーレンスキー」でバフェット氏(84)と一緒に昼食をとることができる。7人まで友人を連れてくることが可能だ。

2000年から始めたオークションの収益金は、サンフランシスコのテンダーロイン地区で貧困層やホームレスを支援する「グライド基金」に寄付される。これまで計16回のオークションで累計約2020万ドルを集めた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。