記事

「皆さんとともに安倍政権の暴走をストップさせる」枝野幹事長が訴え

画像を見る

 枝野幸男幹事長は6日、神奈川県を訪れ、横浜市内で開かれた党神奈川県連定期大会であいさつし、同県連所属の自治体議員と意見交換。相模原市内では「安倍政権の暴走をただす全国キャンペーン」の一環として街頭演説を行った。

 県連大会でのあいさつで枝野幹事長は、「党員・サポーターの皆さん、各地域で頑張っている自治体議員の皆さん、2012年12月の総選挙で下野して以来、もっとも厳しい中で民主党の旗を守り、支え戦ってきてくれたことに感謝する」と謝意を述べた上で、「至らない点はたくさんあったが、われわれが目指している社会というものは決して間違っていない」と強調。「安倍内閣発足から2年が経ち、安全保障法制、雇用法制改悪、年金情報流出問題とさまざまなほころびが見えてきた。今進んでいる国の方向がいかに危ういのかを多くの国民の皆さんにお伝えし、その不安に応えることができるのは民主党だということをご理解いただく一つの大きなポイントを迎えつつある」と指摘した。

画像を見る

 こうした現状認識に立って枝野幹事長は「国会でしっかりと戦っていく中で、反転攻勢が目に見える形で前に進んでいけるようにしたい。その反転攻勢の一つの目標が来年夏の参院選だ。一番厳しいところを乗り越え、前に進んだなと多くの国民の皆さんに知ってもらえるように結果を出していかなければならない。県連内でその思いを共有し、民主党のためではなく、次の世代の日本を担う若者たち、子どもたちの未来のために、皆さんの思いと力を結集しよう」と呼びかけた。

 県所属の自治体議員と意見交換会では、県内の空白区対策、女性候補者増加策増、党のイメージ戦略、18歳選挙権への取り組みなどについて多くの意見や要望が出され、枝野幹事長はその一つひとつについて、丁寧に答えた。

 相模原市で開かれた街頭演説会には300人以上の聴衆、支持者が詰めかけ、枝野幹事長は、「今私たち民主党は、安倍政権の暴走をストップさせようという全国キャンペーンを展開している。先輩たちが戦後70年かけて築いてくれた宝を、この国会で内からも外からも壊してしまおうという動きが進んでいる。ぜひとも多くの国民の皆さんにこのことを知っていただき、皆さんの声でこの暴走をストップさせていただきたいと全国各地で運動をしている」と述べた。

 労働者派遣法改悪について枝野幹事長は、「私は派遣じゃないから関係ないと、他人事だと思わないでください」と指摘した上で、「この20年で派遣という働き方が一気に増え、今ではほとんどの職場で認められているが、派遣で働く人が増えていけばその分正社員の椅子が減る。派遣は一時的・臨時的なものだという建前だったが、この建前を取り払い正社員はどんどん派遣社員に取り換えられる。さらにこの後にはサービス残業を合法化して、残業代を払わなくていいとする残業代ゼロ法案も用意されている」「戦後日本が何もない中で高度成長できたのは人の力、人材の力だ。そんななかで、安定的な仕事がなく、キャリアアップも難しい、そういう若者を増やして誰が日本の将来を支えるのか。3年先、5年先、10年先、誰がこの国の経済を発展させる人材になっていくのかという長期の視点が欠けている」と安倍政権の労働政策を批判し、これを止めるたたかいに参加して欲しいと訴えた。

 安全保障法制については、「自分たちの国が攻められたら守る。それが個別的自衛権。これは憲法で認められている。対して、自分の国が攻められてもいないのに戦争をするというのが集団的自衛権。いろいろな理屈を付けて中東などに行って自衛隊が活動することの、どこが日本の領土や領海を守ることになるのか。集団的自衛権はどこまで広がるか分からない。著名な憲法学者が、そろって憲法違反だと言っている」「2010年、民主党政権時代に、それまでの北方重視の防衛大綱から、尖閣諸島などの島しょ防衛、北朝鮮のミサイル、テロなどに対する防衛構想へと変更した。民主党は日本の防衛のためにしっかりと取り組んでいた」と強調し、米ソの冷戦が終わってから20年の間、日本の防衛をなおざりにしていた自民党政権を批判した。

 枝野幹事長は、「国内の人材の力を壊す労働法制、平和国家日本として積み重ねてきた70年の歴史を壊す安保法制に対し、民主党は全力で戦う。民主党に力を貸してほしい」と訴えた。

画像を見る

 県連代表の金子洋一参院議員は、「漏れた年金問題」について「125万件の情報が流出したというが、本当はもっと流出しているかもしれない」と情報流出の深刻さを指摘したうえで、「日本年金機構がこの問題で皆さんに電話をかけてくることはない。日本年金機構と名乗った電話は振り込み詐欺かもしれない」と注意を呼び掛けた。さらに、「われわれ民主党は今は野党だが、再びきちんとした政治ができるよう、皆さんからの信頼を取り戻させていただきたい。必ず皆さんの役に立つ民主党を再建する」として、民主党への支持を求めた。

画像を見る

 神奈川14区の本村賢太郎衆院議員は、「国民の皆さんに見える議論をしていかなくてはいけないのに、安倍政権は、安全保障法制では11本ある法改正をたったの2本に、刑事訴訟法では9本ある法改正を1本にまとめて提出している。これでは各論を突き詰めることができない」「私たち民主党は、国会議員、自治体議員、党員・サポーターの皆さんとともに一致団結して、安倍政権の暴走を止めるべく取り組んで行く」と訴えた。

画像を見る

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  6. 6

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

  9. 9

    鈴木大地氏止めた森元首相は正解

    早川忠孝

  10. 10

    JTBがGoToトラベルの情報を独占

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。