記事

日本兵の撮った日中戦争の現場――加害の歴史映し出し

リンク先を見る

南京大虐殺をとらえた写真に見入る来場者。(撮影/片岡伸行)

南京大虐殺や従軍「慰安婦」……否定しようのない侵略と加害の事実をとらえた写真の数々に多くの来場者が見入っていた。旧日本軍の一兵士として1937年7月に召集され、2年半にわたり中国大陸を転戦、約3000枚の写真を撮影した村瀬守保(1988年没)の写真展「一日本兵が撮った日中戦争」が5月8日から10日まで、東京・中野の「なかのZERO」展示ギャラリーで開かれた。今後、全国各地で開催されていく。

村瀬の写真は写真集『私の従軍中国戦線』(日本機関紙出版センター刊)として出版されているが、多くの人の目に触れる形で公開展示される機会はなかった。ご遺族から寄贈された写真を保管している日中友好協会が「戦後70年企画」(保里十志男実行委員長)として開催。同協会では昨年、村瀬自身の写真説明文のある50点を拡大し展示用パネルとし、撮影時期や場所などが特定されていないものも含めて約500点を盛り込んだパネルを作成。その全パネルが展示されるのは今回が初めて。

「首都南京へ突入」「おびただしい死体」「第一線の兵士たち 試し斬り」「捕虜の使役」「軍直営の『慰安所』」などの題名のついた展示パネルは盧溝橋事件、南京大虐殺、満州開拓青年義勇軍など中国侵略の歴史的な現場をとらえた貴重な記録となっている。

同協会の矢崎光晴事務局長は「戦争が身近に感じられる政治状況下、ぜひ多くの方々に観ていただき、“平和や日本人を守る”などと偽って始められる戦争の本質を感じ取ってほしい」と話す。会場では元日本兵が自らの加害体験を証言したDVDも上映、幅広い年代の人たちが食い入るようにして視聴していた。同展は7月18日から8月下旬にかけて東京、埼玉、山口、京都、鳥取、群馬、福岡、神奈川の各都県で開催予定。入場無料。詳しくは日中友好協会(TEL 03・3234・4700)へ。

(片岡伸行・編集部、5月22日号)

あわせて読みたい

「南京事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  5. 5

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

  9. 9

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  10. 10

    「もし今日が人生最後の日だとしたら」落合陽一が悩むときに使う最強の思考法

    PRESIDENT Online

    08月03日 11:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。