記事

ようやく音楽が「プラスチック製の円盤」から解き放たれつつある

1/2

ここ数年、繰り返し繰り返し「CDが売れない」とか「音楽不況だ」とか悲観的な物言いをしてもしょうがないと言ってきたわけだけど、ようや日本でも状況が変わりつつある気がします。音楽がようやくCDというプラスチックの円盤から解き放たれつつある。そんな気がします。今日はその話の現状報告。

■音楽は“所有するもの”から“アクセスするもの”へ

おそらく2015年は、後から振り返って「長らく遅れていた日本の音楽業界の構造にようやく変化の端緒が訪れた年」ということになりそうな気がします。というか、そうじゃないとヤバいよな!という危機感もある。テクノロジーの進化で音楽の聴かれ方がここまで抜本的に変わりつつあり、それがリスナーにとってもアーティストにとっても当たり前の選択肢になりつつある以上、それに適応していった方が正解だろうという、当たり前の感覚です。

一体どういう変化なのか。

一言で言えば、それは「音楽の消費のされ方が“所有”から“アクセス”へと変化している」ということ。これは僕が考えた言葉じゃなくて、もっとエラい人が言ってることです。

こう言ってるのは、国際レコード産業連盟(IFPI)のフランシス・ムーアCEOという人。IFPIは今年4月、2014年に世界の音楽市場でデジタル(ダウンロードおよびストリーミング)の売り上げが初めて物理メディア(レコードおよびCD)の売り上げを上回ったことを発表しました。

www.itmedia.co.jp

(元記事)

IFPI publishes Digital Music Report 2015

デジタルの分野でも、明らかにダウンロード配信から定額制ストリーミング配信へと趨勢が変わってきています。

IFPI発表の内訳を見ると、「iTunes Store」などのダウンロード配信は売り上げを落とし、その一方で「Spotify」などのサブスクリプションのストリーミング配信が大きく収益を伸ばしている。今年5月にはワーナーミュージック・グループが2015年第一四半期の売り上げで初めてストリーミングがダウンロードを上回ったことを発表してました。

それを受けて

「消費者の要望が音楽を所有することから音楽にアクセスすることへと変化する中、音楽産業のデジタル革命は新たな段階に入った」

と、フランシス・ムーアCEOは言っているわけです。

ただし。

こういうことを書くと「とは言ってもやっぱりモノとしての魅力が大事で――」と言う人が必ずいるので、もう一つの趨勢についても、ちゃんと書いておきます。

ストリーミング配信の普及の一方、世界の音楽市場ではアナログレコードの売り上げも前年比で50%以上という大きな伸びを示している。2010年からの5年間では3倍以上という大幅な売上増。僕が昨年に訪れたNYのレコードショップでも、もはや棚の8割以上にアナログ盤が並び、CDは申し訳程度に隅の方に置かれている店がほとんどでした。

画像を見る

つまり、ちゃんと「モノとしての魅力」や「所有する喜び」に特化したアナログレコードは、ストリーミング配信の普及に駆逐されることなく、むしろ需要を増しているわけです。

■AWAとLINE MUSICは何を変えるのか。そしてappleは

一方、日本では。

ソニーの「music unlimited」は3年も経たずに終了してしまった。レコチョク Bestが元気だという話は聞かないし、アジアではすでにデファクトスタンダードのレベルになっている国もある台湾発のKKBOXも、本国に比べて普及は途上。サブスクリプションは「まだまだ……」でした。

理由は単純で、曲が揃わないから。特にこの手のサービスは「聴きたい曲を今聴ける」ということがとても大事なので、人気アーティストの新曲がないということが大きなマイナス要因になる。「日本人はモノに対する愛着が強いからサブスクリプション型の音楽サービスは根付かない」ということを訳知り顔で言う人もいましたが、たぶんそんなことはないと思います(だったらレンタルCDはこんなに普及してない)。それが2012年から2014年までの状況。

でも、2015年には、いくつかの新しい定額音楽配信サービスがローンチしようとしている。

まずはサイバーエージェントとエイベックスが手掛ける「AWA」。

リンク先を見る

awa.fm

5月にサービスがスタートしたので、さっそく使ってみました。アプリの起動から90日間は無料。印象的なのは、一切の情報登録なしで、いきなり音楽を聴けるところ。これ、意外に重要。

たとえ「初回3ヶ月無料」とか言われても、最初にクレジットカード番号の入力を求められたらその時点で躊躇する人はとても多いと思う。クレジットカードを持ってない若いユーザーはもとより、いろんなウェブサービスを定額で使っている自分のような人間ですら「お、おう…」って思うことがある。そういう意味では、アカウントを取得せずに使えるハードルの低さはいい設計だと思う。

av.watch.impress.co.jp

ニュース記事によると、オンデマンド再生が可能な「Premiumプラン」、プレイリストの再生に機能が絞られた「Liteプラン」、機能が限定された「Freeプラン」が用意されるという。フリーミアムとまではいかないまでも「無料ユーザーにサービス自体をシャットアウトする」みたいな仕打ちはないようなので安心。

使い勝手は、プレイリストを元に聴いてる分には、なかなかよさげ。デザインは格好いい。曲数は足りないし、表記とか検索とかはまだまだ改善の余地は沢山あると思うけれど、これは時間と共にブラッシュアップされていくでしょう。

あとは、「聴く」仕組みよりも「聴かせる」仕組みをどれだけスマートに実装されるかがポイントだと思います。友達との間の「この曲知ってる?」というコミュニケーションをどれだけ誘発できるか。この問題意識は2年前に書いたこのコラムから変わってません。

www.drillspin.com

どれだけ沢山の曲が揃っていても、それを見つけられなかったら何の意味もない。好きなアーティストの最新リリースや、往年の名曲や、とにかく「魅力的な音楽とどう出会うか」という発想がサービスの中に直感的に内包されていないと、ただ「沢山の曲が聴ける」と言われても、どうそれを見つけたらいいのかわからないのだ。

着うたは、音楽コンテンツとしてではなく、コミュニケーションツールとして、買われてきた。

そう見立てると、サブスクリプション型音楽ストリーミングサービスが持つ本当の可能性が見えてくる。つまりそれは、アプリやスタンプに奪われた「コミュニケーションツールとしての音楽」の地位を取り戻すこと。

日経ビジネスオンラインに掲載されたエイベックスの松浦勝人社長とサイバーエージェントの藤田晋社長のインタビューを読む限りでは、このあたりにもだいぶ力を入れているようなので期待。

検索機能はもちろんありますが、音楽と出会うための「リコメンド(おすすめ)」機能を充実させました。好みのジャンルや視聴傾向から、その人が好きであろう音楽を提示していく機能がどうしても必要だろうと。プラス、ユーザーが参加できる仕組みも必要じゃないかということで、「プレイリスト」機能にもこだわりました。

business.nikkeibp.co.jp

そして、ティザーサイトが公開され、近日中のサービス開始が予告されている「LINE MUSIC」。

リンク先を見る

music.line.me

個人的にはこれが本命だと思っています。これも2年前に書いた記事。ずいぶん時間が経ってしまったな……。

shiba710.hateblo.jp

LINE MUSICのキモは「コミュニケーションと音楽の融合」である、という僕の考え自体は、変わってない。ただ、少し認識が変わったところがあるとすると、「着うた」のようなライトユーザー層だけじゃなく、コアな音楽ファンもコミュニケーションを欲しているということ。聴取だけでなく共有が文化を作っていく、ということ。「レコード・ストア・デイ」の盛り上がりを見ていてもそう思う。

そう思っていたら、もうひとつの本命に関するニュースが飛び込んできた。「Apple Music(仮称)」だ。

gigazine.net

「Apple Music」は、Appleがヘッドホンメーカー「Beats」を約3000億円で正式に買収してから長らく囁かれてきたAppleの音楽ストリーミングサービス。まだ噂段階だけど、6月8日からサンフランシスコで開催予定のAppleのWWDCで発表されるとか。月額10ドルで、Spotifyのような広告モデルのサービス提供は避ける見込みとのこと。

jp.techcrunch.com

 Spotifyが日本でなかなか始まらない理由はおそらく(広告ベースのフリーミアムモデルとはいえ)「音楽を無料で聴けてしまう」ことへの忌避感を権利者が抱えているからで、そうであれば「Apple Music」はその条件をクリアしたレコチョクBestやKKBOXと同じく、日本でもローンチする可能性は高いと僕は見ている。

まだどうなるかわからないけど、iTunes Storeの品揃えを元にした定額制聴き放題サービスとなれば、ジャニーズ系などいまだiTunesへの配信すら許諾していないものを除き、J-POPも洋楽も、大抵の楽曲は揃うことになる。「新譜が聴けない」「アーティストの名前で検索したらオルゴール音源ばかり並ぶ」という「サブスクリプションあるある」の問題はほぼクリアされるわけで、期待は相当大きい。

あわせて読みたい

「音楽配信」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  9. 9

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  10. 10

    第4波から何も学ばなかった政府 リーダーは意思とメッセージを明確にせよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月31日 08:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。