記事

やっぱり「早起きは三文の徳」だった

今年に入り、朝早く起きている。2時半に起きるときもあれば、5時くらいのときもある。平均すると4時半起きだが、7時から朝の支度を始めるので、2時間半ほど自由な時間が使える。朝早く起きているといっても睡眠時間を削っているわけではなく、子どもたちを寝かせながら一緒に寝ているので、夜も早い。だいたい21時半から22時くらいだ。睡眠時間でいえば6時間半から7時間は寝ている。それでも、朝の静寂な時間を最大限に使えると、本やブログの執筆、新しいアイディアの着想や読書などが進み黄金の時間となっている。昔から「早起きは三文の徳」と言うが、それを心底実感している。

今年の3月に8冊目となる拙著『16倍速英語勉強法』を上梓した。これは、冬休みの間に毎朝2時半に起きて、追い込みをかけて書き上げたものだ。

リンク先を見る ハーバード合格 16倍速英語勉強法

私は小さい子どもたちが3人、もうすぐ4人になる立場の父親なので、休みの日も日中は子どもたちと過ごす時間で自分の時間はまったくない。これまでは子どもを寝かしつけながら、暗い部屋のなかでアイフォンでブログの記事を書いていたり、ツイッターをやったりしていたのだが、目も悪くなるし、執筆スピードも下がるし効率的でなかった。就寝時間もまちまちになり、生活のリズムがつかめなかった。

そこで思い切って、夜は9時だろうが子どもたちと一緒に寝ると決めて、その代わり早朝に起きる。早朝の静寂な時間は、ネットやソーシャルメディアにも新しい情報やメッセージがアップされないので、執筆作業や勉強に集中できる。座右の書をじっくりと読んで瞑想に耽ることもできる。そこでインスピレーションを得ることもある。もちろん、健康的でもある。

早朝起きは、勉強や語学学習にもよい。『朝30分を続けなさい』という本が以前にベストセラーになったが、私は「5時起きで朝2時間を続けなさい」と提案したい。朝2時間を続ければ、1ヶ月で60時間、1年間で720時間もの勉強時間が確保できる。『16倍速英語勉強法』でも記したが、日本人が英語をある程度マスターするのに必要な時間は、学校での英語時間1000時間に加えて、あと2000時間だ。朝2時間だけでも3年間で英語がマスターできる。

リンク先を見る 「朝30分」を続けなさい!人生勝利へのスピード倍増!朝勉強のススメ

早起きは三文の徳。昔の人はよく言ったものだ。最近は学校でも、「早寝早起き朝ごはん」を子どもたちに一生懸命推奨している。まずは大人から実践してみてはどうだろう。

リンク先を見る 「東大」「ハーバード」ダブル合格 16倍速勉強法 (光文社知恵の森文庫)

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  3. 3

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  8. 8

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  9. 9

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  10. 10

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。