記事

ホルムズ海峡封鎖で「餓死者、凍死者が」とか言うけど、もう充分出てるけど?? の巻 - 雨宮処凛

連日、安保関連法案についての審議が報じられている。
 国会中継や報道番組で安倍首相の答弁を聞くたびに、論理破綻した言葉遊びみたいなもので本当にこの国が根底から変えられようとしていることに、怒りばかりが沸いてくる。

 そんな安保関連法案が審議入りした翌日の5月27日、東京新聞に掲載された斎藤美奈子さんの「本音のコラム」に驚愕した。審議入りの日、2006年から3年間自衛隊トップの統合幕僚長をつとめた斎藤隆氏は以下のように述べたのだという。
 「これまでの活動で戦死者が出なかったのはラッキーだったが、そのことに甘えていてはいけないのではないか。国家や国民は戦死者にどのように向き合うか、そろそろ考えておく必要がある」
 一方、5月23日の朝日新聞「声」欄には、読者から「今回の自衛隊の任務拡大は、一般の雇用契約で言えば重大な変更にあたるはずだ」という投稿があり、その視点に頷いた。

 現在、自衛隊員抜きで、彼らの命が弄ばれるような議論が勝手に繰り広げられている。「当事者の声を聞こうともしない」のは現政権の特徴だが、当然、自衛隊の意見もまったくスルー。自衛隊には労働組合がないわけだが、ここまで堂々と「勤務地の変更」「勤務内容の変更」が勝手に行われ、しかも絶対に危険な場所に行かない人々から「死ね」と言われているような状況の中、もう内部から「自衛隊ユニオン」などの動きが出てきてもおかしくないのではないか、と思うこの頃だ。もしそんな労組が出てきたら、私は全力で応援したい。
 また、自衛隊員は、その立場につくにあたり「日本国憲法を遵守する」と宣誓しなければならないわけだが、この宣誓と今回の安保関連法案の整合性とか、その辺りはどうなっているのだろうか?
 
 こうしてほんの少し思いを巡らせただけでも突っ込みどころ満載の安保法制。国会審議でも疑問は膨らむばかりだが、28日、「お前らがどの口で言う?」とちょっと呆れたことがあったので、紹介したい。
 それはホルムズ海峡の機雷掃海について。民主党・後藤祐一氏の質問への答弁で、「どういう時に機雷掃海するのか」について中谷防衛相と高村副総裁の見解の違いが明らかになったのだが、そこで高村副総裁は、経済的な理由で集団的自衛権の行使が認められる場合として、「国内で灯油がなくなり、寒冷地で凍死者が続出する状況」と説明したのだ。一方、中谷氏は「死者が出るほど影響が大きくなくても」機雷掃海できると答弁。また、「存立危機事態」認定については、安倍首相は生活物資の不足や電力供給の停滞、自民党の稲田朋美氏は、餓死者や凍死者が出る事態を想定しているという。

 思わず、笑いそうになってしまった。「国内で凍死者が出るかもしれない!」「餓死者が出るかもしれない!」って? ホルムズ海峡が機雷で封鎖などされなくても、2011年時点で、この国で餓死したのは1746人。うち1701人が「栄養失調」、45人が「食糧の不足」を原因としている。この数字は、ここ数年ほぼ変わらない。日本は、1日あたり5人が餓死している国なのである。
 それだけではない。戦争法制を成立させたくてたまらない安倍政権は、現在、「凍死者を続出」させるような政策を強行している。それは「生活保護費の冬季加算引き下げ」。
 冬季加算とは、冬の間に支給されるもの。寒冷地では暖房費が多くかかるためだ。しかし、今年からその加算が引き下げられることになった。

 ドラマ「北の国から」の舞台である北海道・富良野で暮らす生活保護受給者の女性は、今年3月に開催された集会で、冬季加算引き下げへの恐怖を語ってくれた。
 冬の間、朝はマイナス25度、昼間でマイナス10度を下回る気温。住んでいるのは木造アパートなので寒さも厳しい。冬の間は月1万9000円あまりの冬季加算があるものの、灯油代で消えてしまい、冬の衣類を買うこともできない。灯油の節約のためにストーブのスイッチをオフにして、カイロと湯たんぽで布団にくるまって耐える日もあるという。北海道で18歳まで暮らした私にとって、それがどれほど過酷なことかはよくわかる。ストーブを消せばたちまち室内でも吐く息は白くなる。そんな中、昨年は2度も灯油が値上がりし、彼女の暮らしを直撃した。そんな冬季加算が、今年から引き下げられるのだ。彼女の場合は約1万9000円の加算が1万2540円に減るという。これらの削減は、13年から進められている生活保護の生活扶助の削減と、やはり今年から始まる住宅扶助引き下げと合わせ、前年比320億円の切り下げとなっている。

 もちろん、石油などのエネルギー供給について、ちゃんと考えなくてはいけない。しかし、「凍死者が出たらどうする」と機雷掃海に前のめりな現政権は、一方で凍死者を出すような政策を思い切り進めているという大矛盾を、どう思っているのだろう。集団的自衛権行使のために利用される「餓死者」「凍死者」と、実際にその瀬戸際で苦しむ人を放置しているちぐはぐさ。ここにこそ私は、安倍政権の本質があるように思うのだ。今回の安保法制にあたって、安倍首相は「国民の生命、財産を守る」と強調するが、そこに貧しい人々は誰一人含まれていない。いや、そもそも最初から誰も含まれていないのかもしれない。「国民を守る」という物語に個人的に「萌え」ている首相、といういびつな現実があるだけだ。

 ちなみに日本政府は今年5月、オスプレイ17機の購入を決めたそうだが、その総額は推定で3600億円。この額は、15年度の社会保障費の削減3900億円に匹敵する。
 お金と情熱を使う先を大幅に間違っている、この国の政治。
 冬季加算引き下げだけでなく、毎冬、この国では路上で凍死する野宿者がいることも忘れてはならない。
 ああ、また腹が立ってきた。とにかく、こんなことを許してはならないからいろいろ行動するのみだ。

画像を見る

5月31日には「さようなら原発」集会&デモに参加。
反対することが多すぎて過労死しそうなんだけど、皆さんもそうですよね。。
正念場、とにかくみんなで力を合わせましょう☆

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  3. 3

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  4. 4

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  9. 9

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  10. 10

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。