記事

NHKクローズアップ現代 増える“原因不明死”  ~死因解明が追いつかない~ 行政の縦割り 仕事が忙しい!給料が安い!人が少ない!を変えなきゃ変らない!

本日のクローズアップ現代
解剖医不足から、死因解明が追いつかないという問題提起です。

仕事が忙しい!給料が安い!人が少ない!どこかで聞いた話です。

まず出てきたのは弘前大の法医学教室問題。全員やめて公募しても応募者0!まあこれには田舎というのもあるでしょうが少ないのは事実です。(一時期埼玉医大の先生が来るとなっていましたが...)

今では隣の秋田、岩手に解剖を運んでお願いしている!という状況。ここで交通費、燃料費の無駄使いが生じます。

「余計な仕事ですよ!でも大変だけどもちつもたれつだから」と盛岡医大の先生やさしく話しています。大学の方針もあるでしょうけど、こんな風に引き受けてしまうからいいように安く行政にこき使われるんですよ。

解説に出てきていた福岡大の先生。自分の部署の大変さを訴えていましたが、福岡県内には4つの大学医学部がありますので、全国でも実は条件がとてもいい県です。

そして千葉大の先生。厚労省でおこなわれた2年間の悲しい会議の話をしてくれました。
「しっかり公がサポートする体制を作って欲しい。それこそスウェーデンのようにお金、人を確保して原因究明体制を確実なものにして欲しい。」

ところが警察、文科省、厚労省の回答。今できる事の改善は考えるが、仕事が増える抜本的改革はおこないたくないと。まさに行政の縦割りで結論出ず、2年の会議はお開き。何も策が出されませんでした。本当に忙しい中会議に出た医師は悲しくなりますし、ここでも税金の無駄遣いです。

7人に1人が原因不明でなくなる時代。それこそ法医学教室は学問として必要な犯罪にともなう原因不明死解剖に専念させて欲しい。そうでない部分は行政が人、物、金をなんとかして欲しい。気持ちよくわかります。

海堂尊さんで有名な、死因究明に解剖ではなくCTを使うAiというのもありますが、解剖の方がやはり原因究明率は高く、不整脈等残念ながら解剖してもわからない死因もいっぱいあります。 多死社会!原因究明に法医の増強は必要です。強く訴えているブログもあります。法医学者の悩み事

それこそ同じように解剖をする病理医も以前足りないと言っていました。病理医が足りない! 最終診断の担い手 学会副理事長に聞く ツイッターで発信している有名な若手病理医もいます。@Dr_yandel

どんなに面白くやりがいがある科でも、結局仕事が忙しく、給料が仕事量に比べて安い科には若手がいきたがりません!そのため今回みたいな学問ではなく雑用の仕事の割合がさらに増え、その結果医学として面白くなくなるからさらに人が減る!俗に言うデフスパイラル!血液内科、外科、救急、小児科、産婦人科などが代表的です!

政府の人達へ。血液内科を含めた忙しい科に何かメリットあげなきゃこのままですよ。

そんなところ混合診療等が一部解禁されそうな法案が通りましたが(皆保険制度の大転換、医療制度改革法の成立に断固抗議する)、今回の問題についてはスルーです。やっぱ自民党は医療を良くしようと考えはあまりないんだろうな。今後地域の医療計画は県が決めていきます。厚労省ができなかったことをほぼ全部丸投げです。危機管理のときと同じ!

この法律に関してはもう少し調べて後ほど書きたいと思います。

あわせて読みたい

「司法解剖」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  3. 3

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  4. 4

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  5. 5

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  6. 6

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  7. 7

    東電元会長ら処罰で何か得るのか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  9. 9

    増税前の駆け込み需要さえ起きず

    大串博志

  10. 10

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。