記事

年金情報流出

公的年金に関する業務をしている、日本年金機構が、昨日1日、職員のパソコンが不正なアクセスを受け、年金の受給者と加入者の基礎年金番号や氏名などの個人情報が、約125万件流出した、と発表しました。

膨大な件数ですが、現時点でわかっているものだけで、更に増える可能性もある、とのこと。

流出したのは、基礎年金番号と氏名、番号・氏名・生年月日、番号・氏名・生年月日・住所の3種類がある、と報じられています。

年金の支払い業務に特段の影響はない、と日本年金機構はしていますが、納めた保険料の詳細な記録や、月々の年金収入、納付履歴など わかってしまうので、悪用されることも懸念されています。

日本年金機構は、消えた年金などの不祥事で失った信頼の回復を図っている最中で、とても残念な事態だと思います。

不審なメールは開けないよう指導していたということですが、年金業務に関わる内容を装っていたということで、開けてしまって流出しました。

問題なのは、職員の端末からウイルスが検出されたのは5月8日なのに、捜査に当たった警視庁から28日に情報流出を知らされるまで、20日間も全く手を打っていなかった点です。

犯罪を防止するために、とても重要な初動が遅れたことは、年金機構の体質が、変わっていない、と取られても仕方ないことだと思います。

個人情報を保管する内規が、年金機構にはありますが、約55万件は、パスワードがつけられていなかったということで、これもあってはならないことだと思います。

免許証などを確認するので、なりすましで年金を受け取れることはない、としていますが、高齢期の生活の安心の柱である年金のことですから、多くの人が不安に感じることは、間違いありません。

サイバーテロの対策は、政府としても練っているはずですが、職員の意識を含めて、再点検が必要だと思います。

10月から、国民ひとりひとりにつけられるマイナンバーは、もっと広い範囲に使います。

それぞれの項目を扱う機関が別だから大丈夫と政府はしていますが、世論調査でも「情報漏えいやプライバシー侵害」が不安と32%の人が、「不正利用による被害」が不安と同じく32%の人が答えています。

更に、万全を期してもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「日本年金機構」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。