記事

科学の森へ分け入ったベストセラー作家 『人類が知っていることすべての短い歴史』 - 東嶋和子

3/3

好奇心の向かう先はまだまだ無限にある

 ブライソンの、人間という生き物への、いやすべての生き物、すべての原子への親愛や驚嘆の感情が言葉一つひとつににじみ出て、「科学すること」を温かく、胸躍るものにしているのには、さすがというほかはない。

 たとえば、こんな一節がある。

<原子単位で見れば、わたしたちはみんな、おびただしい数から成り、死に際して非常に効率よく再利用されるので、かなり多数の体内の原子――多ければ各人十億個ほど――が、かつてシェイクスピアに属していた可能性もある。さらにもう十億個ずつが、仏陀やチンギス・ハーンやベートーヴェン、そのほか誰でも、あなたの好きな歴史上の人物のもとからやってきたかもしれないのだ(原子が完全に再配分されるまでに数十年を要するので、対象は歴史上の人物に限られる。どれほど望んでも、まだエルヴィス・プレスリーの原子を所有することはできない)。>

 <つまり、わたしたち人間は短命だが、誰もが生まれ変わっているのだ。(中略)例えば、木の葉の一部や、ほかの人間や、一滴の露になる。それだけに留まらず、原子はほとんど永遠に移動し続ける。実際には、原子がどのくらい長く生き長らえるのか、誰も知らない。マーティン・リースは、おそらく1035年ほどだろうと予測している。あまりに大きい数字なので、こうして書き記すだけで幸せな気持ちになる。>

 移り気な原子たちの、ほんの束の間の集合体に過ぎないあなたやわたし。わたしたち人類が知っていることは、思っているよりもわずかで、わからないことのほうがずっと多い。しかし、だからこそ、好奇心の向かう先はまだまだ無限にあることを、本書は雄弁に語っている。

【関連記事】
トクホは効くの? 効かないの?(前篇)
遺伝子検査ビジネスは「疫学」か「易学」か(前篇)
現代日本の病巣をえぐり出す TBS「アルジャーノンに花束を」
「白と金」「青と黒」どっちか言いたい!診断コンテンツの誘引力と危険性
松岡修造、TOKIO、もこみち……やたらネット人気が高いのはなぜ?

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  9. 9

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  10. 10

    ファーウェイ副会長が帰国、中国当局が拘束のカナダ人2人も帰国

    ロイター

    09月26日 16:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。