記事

科学の森へ分け入ったベストセラー作家 『人類が知っていることすべての短い歴史』 - 東嶋和子

2/3

というわけで、「そういう事柄を少しなりとも知り、また、人間がそれを突き止める過程を理解したいという、いつにない静かな衝動」に突き動かされて、旅行作家は科学の森へ分け入ることになった。

 一般書から専門書まで、参考文献にあるだけでも300冊以上を読破し、「数々のあきれるほど愚鈍な質問に答えてくれそうな、聖人なみに辛抱強い専門家たちを見つけることに」3年間を費やした。

 <科学の不思議とその精華を、専門的になりすぎず、かといって上っ面をかするだけではないレベルで、理解し、かつ堪能し、大いなる感動を、そしてできれば快楽を、味わうということがはたして可能かどうか、試してみたかったのだ。>

 ブライソンの大いなる試みは、みごとに成功したといえるだろう。

忘れ去られた科学者たちへも、光を当てる

 本書は、「まったくの無の状態から、何ものかが存在するようになり、その何ものかのほんの一部がわたしたちへと至る過程と、その間の出来事」を記したものだ、とブライソンは語る。

 対象分野は、天文学、物理学、化学、生物学、地学、数学、医学、力学、地理学、文化人類学、博物学、分子遺伝学、と多岐にわたる。

 しかし読者は、そんな縄張りなど微塵も意識することなく、ブライソンとともに近代科学の曙から現代までを行ったり来たりして、「わかったこと」と「わからないこと」、そして「わかる」までの悪戦苦闘や騙し合いや駆け引きといった悲喜劇を目の当たりにする。教科書にはけして載らないような、本音むきだしの逸話が満載だ。

 とりわけ、ノーベル賞級の大発見をしたり、「高い志」を持って公害問題に立ち向かったりしたにもかかわらず、報われなかった科学者たちが長い葬列をなしているのには、驚いた。アインシュタインやダーウィンのような科学史上のヒーローのみならず、注目されずに忘れ去られた科学者たちへも公平に、光を当てるまなざしがいい。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    緊急事態宣言とまん延防止措置、30日で全面解除の方針固める 政府

    ABEMA TIMES

    09月27日 20:09

  8. 8

    TPPの厳しいハードルを迅速にクリア出来るのは中国か?台湾か?

    船田元

    09月27日 14:56

  9. 9

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。