記事

復興財源はどのように捻出するべきか?

愛知県衆議院第6選挙区の補欠選挙の応援に愛知県春日井市、小牧市に日帰り出張しました。

午前中は、小牧市議会の水谷議員のご案内で企業訪問、午後からは小牧市の選対で成田市議、舟橋市議、若手経営者の皆さんと懇談しました。

このところ永田町、霞が関では復興財源での増税議論が盛んです。

増税には法人税、所得税、消費税が考えられますが、このうち具体的に議論されているのは所得税と消費税です。

財務省は表向きは国会での議論を見守っていますが本音では時限的に消費税の行き上げを行う方向を模索しているように思います。

第一次補正は予算の見直しで捻出するべきですが、二次補正以降は財源が不足することは否めません。

財源を増税に求めるか国債に求めるかは負担を今の世代で負うのか将来の世代にも求めるのかの議論とも言えます。

現状での増税は景気への影響から慎重でなければなりません。

したがって当面は復興債により財源を確保することが妥当だと考えます。

しかし、その償還は税財源を充てざるを得ないため、いずれは増税をお願いすることになります。

ちなみに今日の懇談会で若手企業家の皆さんに大震災からの復興財源のための増税について意見を聞いてみました。

参加者のなかでは条件付きで増税賛成意見が多く聞かれました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  6. 6

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  7. 7

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  8. 8

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。