記事

経産省前「逮捕劇」 沖縄・山城議長のケースに似て

画像を見る

「心配するな、仲間がいるぞ、待っているぞ」。留置場に届けとばかりに友人たちがシュプレヒコールをあげた。=31日、東京空港警察署前 写真:筆者=

 28日、経産省前で薄暗い“事件”が起きた。公道と門扉までのアプローチ(門扉の外側)で国の原発政策に抗議していた男性3人が、警察に現行犯逮捕された。

 アプローチは経産省の敷地であるため建造物侵入罪が適用されたのである。形式犯だ。

 事件の報に接した時、2月に沖縄の在日米軍基地前で起きた山城博治・沖縄平和運動センター議長の逮捕劇を思い起こした。

 山城議長は国道と米軍基地のゲートを隔てる黄色い線をわずか数10センチ越えただけで、基地に侵入したとして、身柄を取り押さえられたのである。越えていないという説もある。

 大衆を引っ張るリーダーを形式犯という姑息な手段で拘束したことに沖縄県民の怒りが湧いた。

 経産省前での逮捕者の中にも、人々をひきつけてデモを盛り上げるカリスマがいる。彼を慕う友人たちがきょう、勾留先の東京空港警察署前を訪れ、激励の声をあげた(※)。

画像を見る

男性3人は門扉の外にいたにもかかわらず建造物侵入の容疑で逮捕された。写真は目撃者。=経産省前 写真:筆者=

 「あなたの言葉は魅力的で人の心を変えるんです」

 「いつまでも若くないんだからストレッチで体をほぐして下さい」

 「きょうパンツの差し入れが届きます」

 ユーモアを交えながら房中の友を気遣う言葉はトラメガで拡声され、警察署の3階にある留置場にそのままのボリュームで飛び込んで行った。

 警戒にあたっていた警察署員たちも笑みを浮かべた。

 30分間余りの激励を終えて引きあげる際、主催者は現場司令と見られる警察官に「(友人を)お願いします」と頭を下げた。

 初老の現場司令は にっこり と頷いた。

 署内に身柄のある人物は、少なくとも御用新聞が書き立てているような『活動家』ではない。

 現場司令の目はその事をよく分かっているかのようだった。

 ◇
 ※
激励会は主催者の違いから2部構成となった。本稿は午後1時から行われた第1部のもようをリポートしたもの。写真は第2部。

  ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者が支えるメディアです。取材制作にはコストがかかっています。

あわせて読みたい

「デモ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。