記事

文科省が全中高生に英語新テスト実施

文部科学省が、中高生の英語力の向上のために、英語テストを実施する方針であるとのことです。早ければ中学は2021年度、高校は2022年度から実施予定とのことですから、小学生のお子さんをお持ちのご家庭には気になることと思います。

英検とはどの程度内容が異なるのか?大学入試においてこのテストの成績が考慮されるのかなど、様々な憶測が飛び交いそうですが、国が本気で日本人の英語力の向上を目指していることは良いことだと思います。

敢えて言うならば、英語テストを行うと同時に国語テストも行うべきです。さらに、数学テストもやるべきだと思います。主要3教科は主要たる所以があり、脳みその土台を作る重要な科目です。ノンネイティブにとっての英語能力は日本語OSの上で走るアプリケーションですから、土台のOSにバグがあったり処理速度の遅延があれば、英語だけ学んでも言語力に磨きがかかりません。

数学も論理的な思考力の涵養のためには必須であり、法学などのように事実を法律の条文に照らして場合分けをしながら解を導いていくためには数学的思考が必要だと思います。法学部を始めとする主要な文系学部においても数学を入試の必須科目にした方が良いとさえ思います。

文科省の新しい一斉テストを主要3教科に敷衍すれば、全体の底上げになるのと同時に、優れた言語能力と論理的思考力を持つ宝石の原石のような中高生を発掘できるかもしれません。そのような原石は必ずしも有名私立進学校に偏在しているとは限りません。そうした原石を見出して国としてしっかりサポートして人材育成が出来るならば、文科省テストは単なる受験のための苦痛なテストではなく、一種の「スター発掘オーディション」的な熱気を帯びてくるのではないでしょうか?

あわせて読みたい

「英語教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工問題 韓国批判しない朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  3. 3

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  4. 4

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  5. 5

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

  6. 6

    西内まりやを巻き込んだ巨額詐欺

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小嶺麗奈「少し浮いてた」の声も

    女性自身

  8. 8

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  9. 9

    おじさんが女の子の匂いを再現

    Dain

  10. 10

    HUAWEI排除 米が韓国に再三要請

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。