記事

FIFAの腐敗

ちょっとびっくりしました。CNNは今このニュース一色になっています。アメリカの司法省がFIFA幹部14人を贈収賄で起訴したと報じられ、2010年の南アフリカのワールドカップ誘致においても、元副会長が1,000万ドルもの賄賂を南アフリカ政府に求めていたことを明らかにしたのです。

FIFAのこうした不透明なお金の動き、開催地決定のプロセスについては、今に始まったことではなく、ずっと以前から半ば公然の秘密となっていましたが、今回ついにアメリカの司法省、そしてFBIが拳を上げ、大ナタを振るおうとしています。

司法管轄の問題から、これらFIFA幹部の国際的な汚職に対して本気で切り込む司法組織がいままでなかっただけに、サッカー関係者からは驚きと同時に司法省に対する賞賛の声も上がっています。

腐りきった組織なら、徹底的に司法手続きで明らかにして粛清した方が良いと思います。折しも今日の日本のスポーツニュースでは、大関照ノ富士誕生で湧いておりますが、相撲協会においても4年前には八百長相撲の問題が発覚し、春場所が開催中止に追い込まれる事態となって大揺れでした。その後特別調査委員会が徹底的に調査を行い、再発防止案をまとめて再び人気を取り戻しつつあります。

プロ野球においても、今後野球totoの開催案も具体的に検討されている中で、まさにこうした組織ぐるみの不正などがないように、透明化プロセスを確立するべきでしょう。

来月からはFIFA女子ワールドカップのカナダ大会が行われる予定ですが、今回の汚職事件は大会に水を差すことになります。主要幹部が辞職し、真相究明を徹底的に行う姿勢を、大会が始まる前に見せておくことが必要でしょう。

あわせて読みたい

「FIFA」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  5. 5

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  6. 6

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  7. 7

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  8. 8

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  9. 9

    「ワクハラ」を騒ぎ立てる日本、ワクチン証明を義務化する欧米

    内藤忍

    09月20日 12:53

  10. 10

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。