記事
  • Willy

複雑怪奇な米国の大学の学費

先日、渡辺由佳里氏が娘をコロンビア大学に通わせるのに「わが家は年に600万円以上支払った」とブログに書いて話題になったので、米国の大学の学費について知っている範囲で少し書こうと思う。

米国の大学、特に名門私大の学費に関しての特徴は、人によって払っている額がまちまちだという事だ。日本人の大好きなハーバード大の来年度の正規の学費は寮費を含めて64400ドル(約792万円)だが、年収6万5千ドル以下の世帯の子供は持ち出しなしで通えると謳われている。実際には世帯収入の他、世帯の資産、そして学生の資質によって、奨学金の額が決まってくる。多くの大学が謳う"need-blind admission"が実際に行われているかどうかはかなり疑わしいとの議論があるし(そもそもどの項目を考慮しなければ need-blindと言えるのか?統計的には郵便番号だけでもかなりの情報が得られてしまう)、仮に admisson が本当に need-blind であっても financial aidが学生の能力評価に依存しないとまで言っている大学は殆どない。その全体図を知る事は、名門私大のアドミッションオフィスにでもいない限り非常に難しい。

中流世帯にとって一番大きなジレンマは、子供を良い大学に行かせるにはお金を貯めなければならず、一方でお金を貯めてしまえば大学からの奨学金が減らされてしまうという事だ。奨学金を貰える場合、その額は必要な費用から家族が負担すべき額(Expected Family Contribution, EFC)を控除して算出されるが、通常、親が持っている資産の約5.6%を毎年拠出するようにというルールになっている。子供一人が4年間通っただけでも資産の23%、子供二人が通えば資産の約半分が「貯蓄のペナルティー」として大学に行ってしまう計算である。米国にも、携帯電話も持たないで子供の学費のために節約するような層もおり、こうしたルールは倫理的でないとの批判も根強い。

さらに、こうしたルールに抜け道がないとも言い切れないのが、不公平感を助長している。

奨学金や学費ローンの申請にあたっては、FAFSA(Free Application for Federal Student Aid)という書類を出す必要があり、私立の有名大に関しては更に詳しい内容を記したCSS Profileという書類を出す必要があることも多い。これらの書類は確定申告の情報ともリンクされるので虚偽の報告は難しい。しかし、FAFSAによる連邦政府からの奨学金には、リタイアメントアカウント(401K/IRAなど)の残高や自宅資産はカウントされないし、家族が所有する会社の資産もカウントされない。こうした「資産隠し対策」をきちんとして、フローである世帯年収さえ低ければ通りやすいというずさんな審査内容になっている。もちろん、自前の奨学金を用意する名門私大は、CSSで更に詳しい経済状況を把握して慎重に決めているだろうが、資産のどこまでをカウントするかによって結果は異なってくるので、より多くの情報を持つ応募者が有利なことに変わりはない。更に言えば、申告範囲外の親族に贈与をして資産を消してしまうのが合法かどうか、というのもはっきりしない。

要は、米国の学費支払いは、税制と同様に、支払い能力の低い人の経済的負担を軽減するというより、金融リテラシーの高い人が他の人を出し抜く事ができるというシステムになっている。

米国の大学は入学選考が複雑なだけでなく、学費の支払いにおいても日本の様に「一律54万円」などと簡単には割り切れないのが実情のようだ。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  8. 8

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。