記事

焦点:ハッカーから飛行機を守れるか、後手に回る航空業界

[26日 ロイター] - セキュリティー研究者のクリス・ロバーツ氏は4月、搭乗していた飛行機の機内エンターテインメントシステムから制御装置をハッキングした疑いで、米連邦捜査局(FBI)に逮捕された。

FBIによると、ロバーツ氏は「フライト中に搭乗機を左右に揺らす動き」を引き起こしたという。セキュリティー問題の専門家たちは、同氏のおかげで、さらに大きな問題に注目が集まったと指摘する。その問題とは、コンピューター化が進む航空機にハッカーがもたらす脅威に対し、航空業界が後れを取っていることだ。

ロバーツ氏は弁護士を通して、自身の関心は「航空機のセキュリティーを改善」することだけだと述べている。

元米空軍の研究者で、現在は航空セキュリティーのコンサルタント会社「QEDセキュア・ソリューションズ」を運営するジョナサン・バッツ氏は「これは変化を促すことになる。(航空業界の)団体を動かすことになるだろう」と語る。

航空業界はインターネットで使用されているような通信プロトコルを導入し、操縦室や客室、地上管制をつないでおり、金融や医薬品など他の業界が頭を悩ませているような脆弱性にさらされている。

ロバーツ氏の友人で航空セキュリティー専門家のブラッド・ハインズ氏は「このような大きな問題が、私たちの目前に迫っている」と指摘。「警告を発した人を責めるのか」と、ロバーツ氏の逮捕を非難した。

また、イスラ エルのセキュリティー会社「ThetaRay」のマーク・ガジット最高経営責任者(CEO)も、本当に懸念すべきは、航空機システムに静かに潜入するハッカーの存在だと指摘する。インターネット上では、機内メニューをハッキングし、無料の飲み物や食事を注文したとの書き込みも見つかっているという。

一見、さほど害のないように思えるかもしれないが、ガジット氏は他の業界でこうした小さな欠陥が重大な問題へと発展するのを見てきたとし、「いつも始まりはこうだ」と語った。

<航空会社の懸念>

機内エンターテインメントシステムの専門家ラルフ・カボス氏によれば、一部の航空会社はロバーツ氏の事件で浮上した問題をすでに深刻に受け止めているという。

最近開催された見本市に参加していたある航空会社の社員は、機内WiFi(ワイファイ)サービス提供が、ハッカーによる航空機への遠隔アクセスを可能にしているとの懸念を示した。また、別の航空会社幹部は、機内エンターテインメントシステムが重要な制御システムにつながっていないことを機材メーカーは証明すべきだと語った。

ロバーツ氏がハッキングしたとされる機内エンターテインメントシステムを製造したパナソニック<6752.T>とタレスSA<TCFP.PA>は、詳細な質問に対する回答は差し控えたが、2社ともにセキュリティーを重視しており、システムの安全性は証明済みだとしている。

米航空機大手ボーイング<BA.N>は、こうしたシステムには通信リンクがあるとしたうえで、「重要な基幹的機能にはつながらないよう設計されている」と説明。欧州航空機大手エアバスも、同社の航空機は「機内エンターテインメントシステム経由のいかなる脅威」からも保護される設計だとしている。

豪カンタス航空のセキュリティー責任者スティーブ・ジャクソン氏は、同社の「極めて厳しい安全対策」は航空機システムへの遠隔侵入を十二分に防止できると語った。

<ハッキングを阻止できるか>

しかし、専門家はこうしたシステムが完全にハッキングを回避できるかどうか、疑問を抱いている。米会計検査院は4月の報告書で、サイバーセキュリティー専門家4人の言葉を引用し、既存のファイアウォールも「他のソフトウエア同様に突破される可能性があり」、コックピット内の電子機器にアクセスされる可能性を指摘した。

これまで身体的安全に注力してきた航空業界が、表面上は見えにくく、常に変化し続けるサイバーセキュリティーの脅威をどの程度理解しているのかについての疑問も浮上している。

米学術研究会議は今月、航空通信システムに関する報告書を発表。そのなかで、米連邦航空局(FAA)はサイバーセキュリティーを問題として認識していながら、「思考や計画、行動には完全に十分統合されていない」と指摘した。

研究チームの責任者を務めたコロンビア大学のスティーブン・ベロビン教授は、これが意味することは通信システムだけでなく、航空機のコンピューターにとっても懸念すべきことだと指摘。「われわれは、彼らがソフトウエアのセキュリティーすら理解していないという結論に達した。アビオニクス(航空電子工学)のソフトウエアを理解しているとは思えない」と語った。

<鈍い反応>

セキュリティー専門家たちは、こうした懸念に対する航空業界の鈍い反応が見て取れると指摘する。

国連の国際民間航空機関(ICAO)は昨年、新しい航空機に搭載されているADS─B(放送型自動従属監視)の脆弱性について強調。長い間知られていたこの問題に取り組むべく、作業部会の設置を求めた。

前出のハインズ氏のような専門家は、レーダーや他の航空管制システムの代わりとなるADS─Bによって、ハッカーがパイロットや管制官に誤った情報を与えることが可能だと指摘している。

QEDセキュア・ソリューションズのバッツ氏は、ADS─Bの一部に、航空機の基幹部分にアクセスされかねない脆弱性を確認したと語った。

しかし、このことを半年前にシステムや航空機のメーカーなどに伝えても、ほとんど反応がなかったという。

「これは氷山の一角にすぎない」とバッツ氏は語った。

(Jeremy Wagstaff記者、翻訳:伊藤典子、編集:宮井伸明)

あわせて読みたい

「ハッカー」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  8. 8

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  9. 9

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  10. 10

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。