記事

政治主導の意味が分かっているのか

 浜岡原発停止の首相決定、内容より前に、その発表手法に問題あり。政治主導とは、専門家(右から左まで多くの意見を)の知識を吸収した上で、最後の決定を政治家が行うことである。

 原発停止のプラス、マイナス、すべて検討したのか。たとえば、原発で働く人の失業問題は考えたのか。東海地震の想定は、何も今出てきたわけではない。なぜ、今停止なのか。また、他の原発は、「想定外」の自然災害に見舞われることはないのか。電力供給削減で日本経済はどういう影響を被るのか。

 これらのことは、国民的議論で決着すべきものである。しかし、政府・民主党内でも十分な議論をした形跡はない。いつものことであるが、菅首相の国民への発表は唐突すぎる。どういう経過で、ある結論に達したのかが不透明である。これでは、国民が納得するわけがない。

 日本のエネルギー政策、第一は供給側のみならず、需要側も考慮すること。私が生活様式の見直しを主張する所以である。第二は、energy(エネルギー),economy(経済),environment(環境)の三つのEのバランスが肝要である。今こそ、国民皆が議論して合意を形成しよう。

 政治主導ということを理解しない指導者に国の舵取りは任せられない。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。