記事

家を出て、家に帰るまでが「採用面接」です! 会社周辺には思わぬ「落とし穴」も

家を出て、家に帰るまでが「面接」です――。こんなこと書いてある就活本、ありますよね。面接会場周辺にはその会社の関係者がいる可能性も高いので、言動には気を付けましょうという話です。

「そんな大げさな」と思う人も多いと思いますが、これってあながちウソじゃないんです。なぜそう言えるかというと、面接以外の場所でとった行動が採否に影響した事例が、私の周りであったからです。(文:ユズモト)

偶然エレベーターで一緒になった人は…

(マンガ:ユズモト)

(マンガ:ユズモト)

知人のA君は優しくて頭も良いのですが、あがり症で口下手のために面接に落ち続けていました。

そんなある日、A君はとある大きなオフィスビルにIT企業の面接を受けにいきます。その会社のフロアに向かうべくエレベーターに乗り込み、ドアを閉めようとしたところ、遠くに小走りで向かってくる人の姿が見えました。

A君は「開ける」ボタンを押して、閉まりかけたドアを再度開いて待っていたそうです。慌てて走ってきたその男の人はお礼を言い、同じフロアで降りていきました。

その後、面接室に入ってみるとびっくり。エレベーターで一緒になったのは、その会社の採用責任者だったのです。

その日の面接も、A君はいつも通り全くうまく話せなかったそうですが、面接後に内定の電話が。面接でボロボロだったのにと聞くと、こう言われたそうです。

「当たり前のように『開ける』を押して待ってくれた君を見て、きっと気配りのできる人なんだろうと感じた。そこを評価したんだよ」

あまりにドラマチックすぎて嘘っぽいですが、本当の話です。常に緊張する必要はありませんが、ホッとした会社周辺の喫茶店で会社の悪口をポロッと言ったり、歩きタバコをしたりするのは、やめておいた方が無難だと思います。

あわせてよみたい:就活生向けウェブテストをめぐる「都市伝説」

関連記事

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  4. 4

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  5. 5

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    札幌開催へ IOCへの反発はやめよ

    早川忠孝

  7. 7

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

  8. 8

    ブラックな外食業界の歪んだ美学

    幻冬舎plus

  9. 9

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。