記事

自称保守の知性劣化は底なしである

思った通りWiLLの巻頭特集が安倍首相の米議会演説で、金美齢が書いてるらしいが、これが爆笑モノのタイトルで、「教科書に載せるべき歴史的名演説だ」という。

まったく馬鹿丸出しだ。

自称保守・親米ポチはこの程度の知性しかない。

安倍くんが言った「日本にとってアメリカとの出会いは民主主義との出会い」なんて、歴史教科書に載せられちゃたまったものじゃない。

歴史的事実として、完全に間違いだからだ!

金美齢も自称保守派も、日本における民主主義の萌芽はいつのことかを知らないのだ。

そしてルソーがどのような経緯で日本に輸入され、誰によって拡げられ、どのように自由民権運動に利用されたかも、当然知らないはずだ。

日本にとってアメリカとの出会いは、砲艦外交である!
不平等条約である!

だからNHK大河「花燃ゆ」で久坂玄瑞ら松下村塾の者たちが、「破約攘夷」と叫んでるじゃないか!

金美齢も自称保守派も、「花燃ゆ」を見てないのか?

「攘夷」の意味がわからんのか?

どうせ安倍首相も、金美齢も自称保守派も、「攘夷」ではなく、「従夷」(夷狄に従う)だから、あのドラマを見ても、わけがわからんのだろう。

単なる安倍首相の「ヨイショ」が保守だと思い込んでる阿呆なくそジジイ・くそババアが多すぎる!

「日本にとってアメリカとの出会いは、砲艦外交でした。」
「不平等条約でした。」
「日本が欧米列強から学んだものは帝国主義
だったのです!」

米議会でそう真実が言えたら、教科書に載せてもいいがな。

しかし、自称保守派・親米ポチ派の知性の劣化は留まる所を知らない。

恐らく白痴になるまで堕ちるだろう。 

なお、日本における民主主義の萌芽と受容が、いつ、誰によってなされ、どのような経緯を辿ったのかは、『大東亜論』で描いていくことになる。

これさえ読んでいれば、本物の知性が入手できる。

あわせて読みたい

「民主主義」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。