記事

黒船が来た! 日米中衝突の宿命

白熱座談会 世界史の中の幕末明治
半藤一利 船橋洋一 出口治明 渡辺惣樹

日本開国 真のターゲット

 半藤 今しきりとグローバルな視点、グローバルな思考と言われますが、たしかに日本の国内問題と思えるものが、実は世界の動きと直結していることがしばしばあります。しかし、それは何も今日に始まったことではない。日本一国で起きたと思っていたことの大元を辿ると、世界史の激動に端を発していることが少なくありません。

 そこで今回は、国内外ともに激動の時代だった幕末から明治について考えていきたいと思います。これは今につながる日本近代の起点であるとともに、英米露などの西洋列強、そして中国や韓国との緊張関係の始まりでもありました。

 船橋 まさにこの時期に、日本の歴史が自覚的な形で、世界史に直結するようになったわけですね。それを象徴するのが一八五三年の黒船来航でしょう。米東インド艦隊司令長官マシュー・ペリーが四隻の艦隊を率いて、浦賀沖に停泊。開国を促す大統領からの国書を手渡しました。そして翌年、今度は九隻の大艦隊で江戸湾にやってきて、日米和親条約を結ぶ。これを機に、日本は近代的な国家関係―すなわちウェストファリア条約体制と自由貿易の世界に組み込まれていくのです。

 渡辺 私はずっと日米関係の歴史を、アメリカ側の史料を中心に読み解いているのですが、『日本開国』(草思社)という本で、アーロン・パーマーという人物が書いた「日本開国計画書」を取り上げました。これはペリー来航の四年前(一八四九年)に当時の国務長官に提出されたものですが、これを読むと、アメリカにとって「黒船」とは何だったのかが非常によく分かります。

 パーマーは日本ではまったく知られていませんが、ニューヨークで弁護士事務所を開き、政策提言をビジネスとするロビイストでした。パナマ運河計画の資金集めに奔走したこともあるパーマーは、日本開国について、ときの国務長官、海軍長官、そしてペリーとも頻繁に意見交換を行なっていたキーマンの一人だったのです。その意味でパーマーの「計画書」は、その後のアメリカ対日戦略の原型といっていいでしょう。

 では、アメリカが日本に開国を迫った最大の目的は何だったか。それは中国市場でした。アヘン戦争が起きたのが一八四〇年。先行するイギリスに、出遅れたアメリカが対抗するために、パーマーは「太平洋ハイウェイ」の開発を提言します。つまり太平洋を横断して、中国に直接向かうルートを確立する。その航路を安全なものにするために、日本の港が必要だ、というのです。

 出口 対中国貿易に大西洋航路を使う以上、アメリカは連合王国(イギリス)に勝てません。連合王国への船賃の分だけ貿易コストがかさんでしまうわけです。だから太平洋航路の確立は、中国進出を狙うアメリカにとって戦略的な課題でした。

 半藤 この頃はまだパナマ運河もありませんから、アメリカ東海岸から太平洋に出るには、南米南端のホーン岬を回るしかなかったのですが、これが大変な難所だった。ここを回った船乗りをケープ・ホナーといって、一回でも回ると机の上に片足をあげて喋っていい、二回だと両足でもいい、というくらい名誉なことでした(笑)。

 出口 だからペリーの艦隊も、まず大西洋を渡り、喜望峰回りで日本に来ています。太平洋を渡ったわけではなかった。

 渡辺 そこで重要なのは、パーマーの「計画書」が提出された一八四九年という日付です。この前年に米墨戦争に勝ち、カリフォルニアがメキシコから割譲されると、大金鉱が発見されます。そのゴールドラッシュのおかげでサンフランシスコという太平洋に面した港町がたちまちのうちに開発されます。中国への海の道の起点が誕生したことになる。その後、アメリカは一八五五年にパナマ鉄道を開通させ(運河開通は一九一四年)、六三年には大陸横断鉄道に着工しています(一八六九年完成)。アメリカの東部から中国までを結ぶ「太平洋ハイウェイ」はこうして現実のものとなっていったのです。

 半藤 蒸気船の発達も大きかったですね。「黒船」というと、鋼鉄製の蒸気船を思い浮かべますが、蒸気船は旗艦サスケハナ号、ミシシッピー号だけで、それも鉄を張り付けた木造船。あとの二隻は帆船でした。しかし太平洋を自在に行き来するためには、蒸気船でないと難しい。

 船橋 スペインは十六世紀から、帆船でマニラ(フィリピン)とアカプルコ(メキシコ)を結ぶガレオン船貿易を行なっていましたが、太平洋を渡るのに一、二年かかっていますね。

 出口 アメリカの狙いが中国市場にあったということがよく分かるのは、開港は求めても、日本との交易はほとんど重視していないんですね。

 渡辺 そうです。その証拠に、通商条約締結を命じられたハリスは、何の後ろ盾もない状況で下田に二年間も放っておかれた。ペリーが下田と箱館の開港を認めさせた時点で、アメリカとしてはミッション完了だったからです。私は下田出身ですが、ハリスの孤独には同情します。

 半藤 そう、ハリスを下田に下ろしておいて、軍艦はそのままアメリカに帰ってしまう。あれは心細かったと思いますよ。

 出口 そもそも当時の日本と貿易しようにも、売り買いするものがあまりないんですね。連合王国の経済学者、アンガス・マディソンがGDPの世界シェアを計算していますが(『経済統計で見る世界経済2000年史』)、それによると安土桃山時代から十七世紀までの日本は、GDPの世界シェアで五大強国のひとつになっていました。石見銀山などから採掘される銀が、世界市場の約三割を占めていたからです。ところが十七世紀には世界のGDPの約四%を占めていたのに、幕末には約二・三%に落ち込むのです。銀も金も掘り尽くして、売るものは、銅と海産物の俵物、生糸やお茶ぐらいしかなかった。

 いっぽう清のGDPは、アヘン戦争の直前でも全世界の約三割にのぼります。市場としての規模がまるで違う。

 船橋 一八五八年の日米修好通商条約では、神奈川、長崎、新潟、兵庫の四港を開くことになりますが、あれも中国市場をターゲットとする構図のなかに日本の港を組み込んだに過ぎないと見るべきでしょうね。

 渡辺 そう思います。アメリカが必要としたのは、燃料・食料などの補給もできる、いわば「太平洋ハイウェイ」のサービスエリアとしての日本の港だったのです。

「捕鯨」は世論向けPRだった

 半藤 ペリーが開国を迫った主な理由として、しばしば捕鯨船の緊急避難やその修理のための寄港地、石炭など物資の補給が挙げられますね。私はかねがね、そんな捕鯨船のためという理由だけでわざわざ日本に開国を迫ったんだろうか、と半ば訝しく思っていたのですが(笑)。

 渡辺 実は、捕鯨がクローズアップされた背後には、パーマーたちの戦略があったのです。

 パーマーたちの計画は、日本を開国させるにあたり、東インド艦隊の軍艦半数近くを割くというものでした。しかし、それには軍部や世論の反対が強かった。虎の子の艦隊を、なぜ日本なんかに差し向ける必要があるのか、というわけです。そこでパーマーたちは世論に訴えかける作戦に出ます。日本沿岸で遭難した捕鯨船の船員が、「食うや食わずのまま長期間放って置かれた」とか、「踏み絵を強要されて、従わなければ皆ごろしにすると脅された」といった、日本人の残虐さを伝える記事をタイムズに掲載させます。そして、漂流民の保護と捕鯨船の緊急避難などを「計画書」にも盛り込んだのです。

 実際には徳川幕府は漂流民をかなり丁寧に扱っていた。老中の阿部正弘は「病気になった漂流民には薬を与えて治療せよ」と指示を出していますし、遭難者を長崎に移送することが決まっており、幕府はそこからオランダ船などで国外退去させていた。

 船橋 それは面白い。米西戦争を煽り立てた新聞王ハーストや、真珠湾攻撃での米世論の沸騰を連想させるエピソードですね。これらは世論操作の例として挙げられることが多いけれど、別の見方をすれば、アメリカ政治がいかに世論を重視するかということにもなる。民主政治と外交政策の問題としても興味深いですね。

 半藤 それにしても、なぜ日本人はあれほど黒船にショックを受けたのでしょうか。というのは、実は江戸幕府も西洋の事情をいろいろと調べて、それなりの知識を持っていたんですね。ペリーが日本に向かっていることも、オランダからの情報ですでに知っていた。

 しかし、どうしてもよく分からなかったもの、それはずばり軍事力、鉄で出来た蒸気船という巨大兵器ではなかったか。文献には、蒸気機関の仕組みや西洋の船舶についての記述はあっても、現物の威圧感、脅威はなかなか実感できない。

 大砲一つとっても、お台場に据えられた大砲九十九門のうち、半数以上は一貫目砲でした。それに対し、サスケハナ号の主砲六門は六インチ砲、日本流にいえば十一貫目砲になりますから、とてもじゃないけどかなわないと思ったでしょうね。

 船橋 黒船によって、はじめて剥き出しの近代的軍事力にさらされた。ペリー来航からわずかに遅れて、ロシアのプチャーチンがおなじく軍艦四隻を率いて長崎にやって来ますね。しかし旗艦パルラダ号は老朽化した木造船でしたから、ペリーのような衝撃はなかったのかもしれません。

 半藤 『ペリー提督日本遠征記』によると「戦闘の用意をなし、大砲を定位置にそなえ」て、日本領海に入っていますね。そこで渡辺さんにお聞きしたいのですが、パーマーの計画書には戦争の計画まで記されているのですか。

 渡辺 パーマーは、特使に江戸湾封鎖の権限を与えるよう提言しています。しかし、実際に日本と戦火を交える意図はほとんどなかった。ペリーは最初の来航時に「開戦も辞さず」と宣言し、品川沖でも大砲を撃っていますが、あくまでも交渉のテクニックだったと思います。

 半藤 ああ、やっぱりそうでしょうね。

 船橋 一方、ロシアのプチャーチンは、交渉するなら長崎に行ってくれと言われて素直に従ったために、アメリカに先を越されてしまう。

 渡辺 ペリーの交渉術は、現代のビジネスマンが見ても、なかなか面白いのではないでしょうか。たとえば、浦賀に現れる前、先に琉球と小笠原に上陸していますが、あれは本交渉に失敗したときのための予防線だったと思います。

 半藤 日本の開国に失敗しても、琉球と小笠原を押さえておけば、最低限、太平洋シーレーンの確保はできる。本社への言い訳は立つ、ということですな(笑)。

 渡辺 そのとおりです。

 半藤 そういえばペリーは、交渉の最中に小笠原諸島はアメリカの領土だと言い出しますね。それに反論するために、幕府の蕃書調所から、林子平が書いた『三国通覧図説』のフランス語版を出してくるんです。それがあるのを幕府の役人の中に知っている者がいた。林大学頭という傑物です。そこには小笠原貞頼という人が上陸して、わが領土であると旗を掲げたと書かれてある。それをペリーに突きつけたら、ペリーが「ああ、それを持っていたのか」と、主張をあっさり引っ込めたというのです(笑)。

 船橋 バレたかと(笑)。逆に言えばペリーもそれだけ準備をしていた、ということですね。シーボルトの書いた『日本』や、綱吉にも謁見した医師ケンペルの『日本誌』などを含め全部で三百冊ほどの本を買い入れ、熱心に読み込んでいたそうです。

 アメリカは、太平洋戦争中にも、後に『菊と刀』を著すルース・ベネディクトら文化人類学者に日本研究をさせていますが、相手国の幅広いリサーチは、外交の基本ですね。

 半藤 とにかく幕府の中に人物がいたので、小笠原を取られなくてすんだのです。

 渡辺 翌年再来日して、いざ本格的な交渉を始めると、ペリーはかなり早い段階で「日本には開国の意思がある」という確信を得たと思います。

 というのも、契約が成立したときのために用意したミニチュアの蒸気機関車などのお土産を、ペリーは五日目にはもう渡している(笑)。

 半藤 なるほど。そういえばペリーは一回目に浦賀に来たとき、国書とともに渡すはずのお土産が用意できなかったんですね。その外交的失敗がバレないうちに慌てて帰っていったという(笑)。

 出口 それで二度目は早めに出したのかもしれませんね(笑)。

はんどう かずとし 1930年生まれ。東京大学文学部卒業。1995年に文藝春秋を退社。『日本のいちばん長い日』『ノモンハンの夏』『昭和史』『幕末史』など著書多数。

ふなばし よういち 1944年生まれ。東京大学教養学部卒業。朝日新聞社主筆を務めた後、2010年に退社。『同盟漂流』『カウントダウン・メルトダウン』など著書多数。

でぐち はるあき 1948年生まれ。京都大学法学部卒業。日本生命国際業務部長などを経て現職。著書に『仕事に効く教養としての「世界史」』『「働き方」の教科書』など。

わたなべ そうき 1954年生まれ。東京大学経済学部卒業。著書に『日本開国』『日米衝突の根源1858-1908』『日米衝突の萌芽1898-1918』『朝鮮開国と日清戦争』など。

構成・石田陽子
永久保存版 教養で勝つ 大世界史講義

◎日本人よ、世界史で武装せよ ドローン、宗教戦争、そして核の脅威──「分析不能」の現代を読み抜く 池上彰×佐藤優

●世界史から何を学ぶか 野田宣雄/カエサルはなぜ殺された? 佐々木毅/ローマ帝国滅亡の真犯人 本村凌二/どうして釈迦は仏教を開いたか 呉智英/考古学でわかったイエスの正体 長谷川修一/預言者ムハンマドのリーダーシップ 山内昌之/ムスリム商人が作った中世グローバル経済 宮崎正勝/史上最強帝国モンゴル支配力の秘密 杉山正明/ルネサンスは魔術の最盛期 樺山紘一/コロンブス 野望と空想の海へ 増田義郎/ウェストファリア条約「宗教戦争」の終わらせ方 佐藤健志/人口減がニュートン、ライプニッツを生んだ 柳谷晃/国際比較江戸期日本が超平等社会だった理由 斎藤修/フランス革命が明かす「暴力」と国家の真実 萱野稔人/ナポレオンはなぜ強かったのか 鹿島茂/ヨーロッパ覇権競争 勝者の条件 玉木俊明/なぜイギリスで産業革命が始まったか 中野剛志/アヘン戦争 大清帝国vs.大英帝国 平野聡/南北戦争は世界初の「総力戦」だった 阿川尚之/三つの世界大戦を戦った男チャーチル 中西輝政/独裁の秘術 ヒトラー・スターリン・毛沢東 福田和也/「イスラム国」指導者の歴史観 浅川芳裕/ヒラリーの試練 米国覇権は崩壊するか 三浦瑠麗

◎達人10人が選ぶ 教養力増強ブックガイド
野口悠紀雄 ヤマザキマリ 成毛眞 鈴木敏夫 松原隆一郎 浜矩子 橋爪大三郎 高島俊男 新将命 佐伯啓思

◎白熱座談会 黒船が来た! 日米中衝突の宿命 世界史の中の幕末明治 半藤一利×船橋洋一×出口治明×渡辺惣樹

◎カタヤマ教授、世界史入試問題を解く 片山杜秀 ◎ビジネスに効く「2500年」年表 東谷暁



文藝春秋 (2015-05-26)
売り上げランキング: 26,586

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  6. 6

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  7. 7

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  8. 8

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  9. 9

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  10. 10

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。