記事

新しい国際秩序の構築

 覇権国の変遷で世界史を描く世界システム論は、20年前くらいから流行らなくなった。それは、アメリカの時代(PAX AMERICANA)が終わり、主権国家の枠を越えた国際協調が不可欠になっているからである。そのことは、G8やG20を見てもよくわかる。

 EUの実験は、その典型である。しかも、インターネットなど情報機器の発達は、情報が容易に国境を越え、政治的影響力を増大させる現象を生んだ。中東の激変がそうである。かつてのイランのような宗教革命ではなく、イスラーム社会でも民主主義革命が可能だということが証明されつつある。

 EUを見れば、経済も通貨も税制までもが、国境を取っ払うことが可能だということが分かる。しかし、軍隊だけは、まだ主権国家の軍隊である。同盟は可能であるにしても、安全保障は主権国家の枠は容易には越えられない。

 激変する今の国際社会の中で、日本を生き残らせるためにどうすればよいのか。菅首相は、このような問題提起を自分でしてみたことがあるのだろうか。やはり国際政治には「疎い」のか。そうならば、内閣総理大臣の職にあるのは犯罪的である。

 ミニ政党の悲哀で、国会で質問する時間もあまりもらえないので、国際政治の教科書でも書いて、菅内閣に進呈することにするか。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。