記事

与党崩壊、「民族一体で国難に対処せよ!」

5月2日に第一次補正予算が通過したばかりですが、自分も一貫して指摘させて頂いていた通り、予算規模があまりにも小規模(4.0兆)であり、早々と瓦礫撤去・家屋損壊に関わる被災者一時金の支給にも支障を来たす状況が露わとなりました。今次の震災規模から普通に考えれば当座の応急処置の予算としても概ね10兆程度が要求されるはずの所が、国債を出したくないとか埋蔵金には限りがあるとか理解不能な主張を続ける者たちが先の欠陥補正予算をリードし続けたが為に、早々と本格的な復興予算までの間の「つなぎ目的」の二次補正(1.5次補正)の議論が不可避となってしまったと言わざるを得ません。

もう一つ、チマチマとした小出しの補正予算を延命の材料としながら与野党の倒閣運動を抑えようとする意図があまりにも明々白々であり、これもまた人心の離反の大きな要素となっているように思います。災害、つまり人様の不幸を政局のダシに使ってはならないのです。

そのような中で自分は政局的動きから三歩くらい下がりながら、巷の状況と政権の状況を逆に冷静に内側から見させて頂いておりますが、一言で言えば「野党は控えめに、与党内で激しく」反政府運動が展開しているという状況だと思います。与党中堅クラスの議員が野党有力議員に対して『必ず可決させるから不信任案を出してくれ!』と力説(懇願)しているような光景は、現在の永田町の住人の中では日常的なものとなってしまったと言っても過言ではないと思います。

また三権の長である参議院議長からも「退くべし」と誠に重い発言が出ている事も政治の乱れ、状況の複雑さと深刻さの結果を物語っている何よりの証左なのでしょう。全く政府与党がまとまれない、学級崩壊ならぬ「与党崩壊」に我が国は直面していると言えます。

一方で3月11日以降、国の内外では誠に深刻な事態が進んでいるとも言えます。一つは経済の問題、もう一つは外交・安全保障の問題です。経済については木曜に内閣府が発表したGDPの見通しを見るまでもなく、国内全体の景気後退が鮮明になってきたという事です。名目ベースでは早々と−5.2%という事ですが、今後のファンダメンタルの劇的な改善は期待出来るはずもなく、更なる下方修正が想定されている事をも含めて考えれば、2011年度のGDPは名目で-10%を覚悟しなければならないと思います。従って早晩提出・審議が不可避となっている二次補正(1.5次補正)には景気対策の要素も絶対に盛り込まねばならない、手当てを遅らせて震災の二次的被害を拡大させてはならないと思います。

もう一つの外交的要素については、既に報道でも断片的に紹介されている所ですが、我が国の主権がよってたかって陵辱されているという現実です。例えば北方領土の国後島においてロシアと中国の合弁事業が既に合意され、それに韓国企業も参加の動きがあるという話が広がっています。韓国の国会議員がロシアルートで我が国固有の領土に上陸しようとしているという話も、それを支持する有力な状況証拠なのかもしれません。また東シナ海の油田・ガス田においてはこの間も中国側による本格的な生産体制の構築が図られ、『既に生産段階』との見方が定説化しようとしています。

今、我が国を中韓要人が訪問されているという事ですが、このような主権・国益問題が果たしてどれだけ議論されているのか??、正直全く伝わって来ず忸怩たる思いとしか言いようがありません。

未だ収まらぬ余震・関連地震の波状攻撃から国民を守り続ける事、震災復興のグランドデザインを描く事、恐慌手前の我が国経済に対する断固たる景気対策を打ち出す事、外交問題への本気モードでの対処・・・、非常に難度の高い作業が続かねばならないはずですが、前述の通りの政局でそれが出来ようはずがありません。私も先日、支持者の方から「今の政権なら、案山子でも務まる、案山子を総理にした方がみんなまとまるんじゃないのか?」と痛烈な御指導を頂いた所です。

間違いなく大東亜戦争以後、最大の国難です。国土・経済・主権全ての危機と言ってよいでしょう。「民族一体で国難に対処せよ!」、上述の支持者からの御指導はそのような意味だと胸に刻み、そして当たり前の事ですが政務官は俗人的な奉仕者ではなく国家への奉仕者です。国家への奉仕者として何が出来るのか?、どのような行動を取るべきなのか十二分に考えてゆきたいと思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  2. 2

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  3. 3

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  5. 5

    布マスク配布より緊急事態宣言を

    やまもといちろう

  6. 6

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  7. 7

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

  8. 8

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  9. 9

    首相 全世帯に布マスク2枚配布

    ロイター

  10. 10

    通勤で不可避 電車での濃厚接触

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。