記事

安保法制の核心は情けないポチ精神

「SPA!」で勝谷誠彦が安倍政権の「安保法制」の本質は
「殴ってきた奴には殴り返すぞ」「友だちが殴られたら、
黙って見てはいないぞ」だと書いている。

なんとも極限の単純さだ。

左巻きが嫌いだからと言って、右巻きがここまで単純な
嘘を書いていいはずがない。

まるでネトウヨ並みだ。

あいにくだが、「攻撃して来た敵に反撃し、友軍を攻撃する
敵は攻撃する」という勇ましい行為は、憲法改正しなければ
できやしない。

だから安倍首相は「戦闘が起こった時はただちに活動を
一時中止、あるいは退避する」と爆笑モノの情けないことを
言っている。

「我が軍は、攻撃されたら直ちに退却する!」と明言する
最高指揮官っているのか?

戦闘状態になった途端に、敵に背を向けて逃げるなんて、
後ろから撃たれるだけじゃないか。

安倍首相は「米国の戦争に巻き込まれることは絶対に
あり得ない」と断言もしている。

「友だちが殴られたら、黙って見てはいないぞ」の精神
なら、戦争に巻き込まれるのは当たり前ではないか。

保守を自称する者でも安保法制をまともに
説明できる者などいやしないのだ。

元々が、「アメリカ様のお手伝いをどうかさせてください」
「機雷掃海だけは、うちは得意ですけん、ぜひやらせて
ください」というだけの主体性ゼロの法案なのだから。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。