記事

家族旅行で「学校を休ませる」に是非 ネットで話題再燃「学畜かよ」の声も

子どもに学校を休ませて、平日に家族で旅行に行く――。このテーマにはいつも是非の声がつきまとうが、ネット上でも議論が再燃している。

発端は4月27日発売の「AERA」のようだ。「そうだ、仕事を休もう」という特集が組まれているが、その中で「子どもの学校休み論争」が取り上げられた。

「旅費が安い・空いている」VS「勉学面・部活動」

特集では、CAの女性が小学2年生の長女と「自社便」で安く旅行するために学校を休ませる例や、平日に格安で混雑の少ないツアーに参加したいという主婦の例が挙がっている。一方で、こんな「守旧派」も。

「やすやすと、『休める』感覚を子どもに持たせられない」
「古いタイプかもしれませんが、わが家は休ませません。義務教育で皆勤賞を狙う姿勢は大切だと思っているので」

こうした声にネット上では「学生の優先すべき事は、勉強と部活。学校休ませてまで旅行するなんて、我が家ではナイ」といった意見と、「学校休んで遅れるなんて学畜の考え方」といった意見が分かれている。この記事が配信されたmixiニュースでは、学校を休ませることに反対する意見が多いようだ。

さらに、この特集に興味を持ったのが、元陸上選手の為末大さんだ。5月16日のハフィントン・ポストでは、「学校を休ませて旅行へ行くことに賛成ですか」という投稿をアップしている。

旅費が安いことや、混雑していないことはメリットだが、子どもが学校を休むことで、勉学面や部活動へのデメリットがあるかもしれない。さらに「周囲に知られると…」という不安もあるかもしれない。

「この状況であなたが親だった場合、学校を休ませて旅行に行きますか、それとも行きませんか。理由を添えて教えてください」

「学校に代えられない経験」積ませられるか

この問いかけは、同サイトやNewsPicksなどでも話題になっている。特徴的なのは、ここでは「子どもが学校を休むこと」に関しての反対意見がほとんどないことだ。

スポーツライターの乙武洋匡さんが「まずは子どもの意思確認」と言っているとおり、「子どもと話し合うこと」「行きたいという意思が確認できれば行く」といった声が多く見られる。

親自身が子ども時代に同じような経験をしている人からは、「行くべき」という意見が多く見られる。学校の勉強は「教科書読めばできる」ものであり、それに代えられない経験を積ませるには絶好の機会だという。

「父は私をスキーに連れ出していました。なんのためらいもなくです。いまは存分にゲレンデを滑り回れたことが何よりの家族との思い出です」
「父親にカンボジアとベトナムに連れて行ってもらいました。そこで見た光景は今も目に焼き付いていて、世界が急激に広がると同時にショックを受ける初めての体験でした」

かつて内閣府の調査(2005年)では、「家族旅行をするために平日休ませる」とする人は18.3%だった。2015年に「NewsCafe」が行った調査では、学校を休ませての家族旅行に「アリ」と答えている人は34.7%となっている。

関連記事

あわせて読みたい

「旅行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  2. 2

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    嫌韓と日韓関係を混同する新聞社

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  7. 7

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  8. 8

    東電旧経営陣への無罪判決に不満

    川田龍平

  9. 9

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    中国共産党で内紛? 失脚なら投獄

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。