記事

日経コラムの騙しのテクニックについて

5/14日経の朝刊コラム「春秋」で、ギリシャの債務問題についてアリストテレスの「弁論術」を引き合いに出して、政府の緊縮財政への抵抗政策を批判している。

このコラム、内容はともかく、論理構成にトリックが隠されているので指摘しておきたい。

確かに、コラムに書かれてあるようにアリストテレスは収入以上の支出はするな、と倹約を説いているが、彼の生きていた時代の経済事情と21世紀の今日の経済事情は全く異なる。

アリストテレスが収支バランスを問題にしたのと同時に、人々はバレないとわかっていれば不正をする、と糾弾したのは、当時の状況を念頭に置いて考察した結果だ。
(21世紀の状況が念頭にあったわけではない。)

例えば、ほぼ同時代のクセノポンのソクラテス対話編「オイコノミクス(家政論)」では以下のような事例が紹介されている。

・カルケドン人が市民に外国船拿捕を許可し、それで得たカネで傭兵への支払いを果たした。
・エフェソス市がアルテミス神殿再建のため、富裕夫人たちの装身具を強制的に借りいれた。
・トラキア王コテュスがベイリントス市民を欺き、一部市民を人質にとり身代金を奪った。

アリストテレスを引き合いに出すなら、ギリシャ債務問題に関する「不正」を糾弾したうえで、財政再建への道筋を説くべきだが、日経のコラム氏にはそこまでの「読み」はなかったらしい。

当然、「不正」のなかには粉飾財政に手を貸した独仏のメガ・バンクやユーロ加盟時から崩壊まで様々な取引で大儲けしたゴールドマン・サックスが含まれる。

アリストテレスの時代には粉飾財政の手管、債務隠しに使われる前提でスワップを売り込む手口などはなかったわけで、上述「オイコノミクス」の例のような「不正」を前提としたアリストテレスの立論とはギリシャ債務問題は次元が違う。

ただ、こういった「アリストテレス」というネームバリューを利用したこけおどしは、「弁論術」で紹介される3要素、ロゴス(言語、理性)、ペートス(人格、信頼)、パトス(感情、情熱)のうち、ロゴス=わかりやすさの表現法を用いたテクニックと言うことは出来る。

なので、こういったテクニックに騙される程度だと値踏みされた日経読者がバカにされているだけで、コラム氏はもともとそのつもりで書いていたのかもしれない。

あわせて読みたい

「日本経済新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  6. 6

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  8. 8

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  9. 9

    クルーズ船は「ウイルス培養器」

    舛添要一

  10. 10

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。