記事

三菱東京UFJの利益が1兆円を突破

決算短信を公表した三菱東京UFJフィナンシャル・グループの2015年3月期の連結純利益は1兆337億円。国内の金融機関では初めて「1兆」の大台を超えました(全業種でもトヨタに次いで二社目)。

決算説明資料の中にある中期経営計画の財務目標には
『MUFGグループの安定的・持続的な利益成長の実現に向けて、顧客部門を中心に国内外での 収益基盤の多様化を進めるとともに、生産性の向上による資本効率の改善を図る』『株主価値のさらなる向上をめざし、「株主還元の一層の充実」、「充実した資本基盤の維持」、「収益力強化に向けた資本活用」のバランスを意識しつつ、機動的に資本政策を運営する』
とあり、年間配当を前年比で2円増加させることとしています。

私の古巣だから褒めるわけではありませんが、三菱東京UFJは難しいと言われたモルガンスタンレー証券のM&Aを成功させ、他メガバンクより積極的に海外に打って出ました。そのような努力が報われての大幅な利益増加も、利益を株主への配当という形で還元する事も素晴らしいことだと思います。

しかし、名実ともに日本のリーディング・カンパニーになったわけですから、その自覚を持って頂き、寄付文化を喚起することも積極的にやって頂きたいと思います。

そう思ってCSR資料を確認したところ、寄付実績がある事は確認できますが、決算書を見た限りでは寄付金額は開示項目として上がっていません。すなわち、開示しなくても良いほどの少ない(重要ではない)金額でしかなかったといえます(財務諸表は一定の金額的重要性に基づき、重要なものを開示することとしています。また、金額的に少なくても質的に重要であれば開示を禁止するものではありません)。

バブル崩壊で不良債権を抱えた事による多額の繰越欠損金が発生した時、法改正の恩恵を受けて、2002年からの9年間に渡り法人税の納付を免除されていた事を忘れてはいけません(すべてのメガバンクにいえることですが)。
そういう意味では、株主だけではなく「国民もステークホルダーだ」という意識を持ってもらい、社会全体に積極的な利益還元を行ってもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「三菱UFJFG」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  4. 4

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  5. 5

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  6. 6

    橋下徹氏「国立大学は甘えすぎ」

    橋下徹

  7. 7

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  8. 8

    コロナ巡る混乱 抗体ない深刻さ

    essa

  9. 9

    マスクなしで頑張る 森氏に批判

    女性自身

  10. 10

    コロナで観光客減 非正規に危機

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。