記事

多様な人材育成と幅広い活躍を 文科省が理工系人材育成に本腰

文科省は、2020(平成32)年度末までに進めるべき取り組みなどを示した「理工系人材育成戦略」をまとめた。注目されるのは、産業界での需要・雇用にマッチした人材の育成を掲げ、理工系人材のイメージの転換を図ろうとしていることだ。教育ジャーナリストの斎藤剛史氏に詳しく伺った。

***

文科省によると、実際の大学生全体に占める理工系学部学生の割合は1997(平成9)年度ごろから減少を続け、2013(同25)年度には21.6%にまで低下しています。また、理工系人材は、現在ではサービス業などに就職する者も多く進路も多様化しています。文科省は、「付加価値の高い理工系人材は、欠くことのできない存在である」として、2020(同32)年度末を当面の目標とし、理工系人材の質的充実と量的確保に乗り出しました。

ポイントの一つは、「理工系人材に期待される四つの活躍」として、「新しい価値の創造及び技術革新(イノベーション)」「起業、新規事業化」「産業基盤を支える技術の維持発展」「第三次産業を含む多様な業界での力量発揮」を設定し、より高度な能力を求めていることです。少子高齢化・人口減少・グローバル化などの課題に直面する日本の社会において、多様な理工系人材を育成し、幅広い活躍を期待していることがうかがえます。

もう一つのポイントは、理工系人材の育成と人材需要・雇用のミスマッチを防止するため、産業界のトップと大学関係者らによる「理工系人材育成–産学官円卓会議」(仮称)を設置することです。人材育成の時点から産業界と連携して、より円滑にこれからの社会の戦力となる理工系人材を生み出していくことがねらいです。

このほか、小学校から高校までの段階で「主体的・協働的な学び(アクティブ・ラーニング)の促進、観察・実験環境の充実」や理工系の「意欲・能力のある児童生徒の発掘、その才能を伸ばす取組」などが挙げられています。次期学習指導要領の改訂では、「付加価値の高い理工系人材」の育成という目的も含まれているようです。

出典:文科省が理工系人材育成に本格着手 期待される「四つの活躍」-斎藤剛史- -ベネッセ教育情報サイト

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。