記事

今国会で日本を壊す安倍政権 ~戦争編~

画像を見る

「30年後に『日本は100年間戦争をしなかったんだ』と自慢したい」。青年は訴えた。=14日夜、官邸前 写真:筆者=

 安倍政権が今国会で繰り出す二つの法制度改悪が、日本を破滅の淵に追いやろうとしている。

 二つとは安保法制と労働法制の改悪だ。憲法9条をかなぐり捨て、日本人を戦争やテロに巻き込む。雇用を破壊し過労死をさらに増やす。まっとうな人々が生きていけなくなるのだ。

 安保法制の戦後最大の大転換が今夕、閣議決定された。日本が平和国家ではなくなった歴史的な瞬間だ。

 「もはや一国のみで、自国を守ることができない時代だ…」。安倍首相がマスコミを相手に演説をぶっていた頃、首相官邸前では戦争法案に反対する人々が抗議活動を繰り広げていた。

 権謀術数を駆使して集団的自衛権を行使できるようにする法改悪に踏み切った安倍首相。官邸前の参加者の間でも批判と怒りが渦巻いていた。

 「安倍首相は(ISに処刑された)後藤さんのことを何も説明していない。遺骨奪還にあたっていたヨルダンの弁護士は真実を知っているので入国させなかった(※)」―

 町田市から足を運んだ女性(60代)は、安倍首相が人質事件を安保法制の改悪に利用したことを指摘した。

画像を見る

「兵役を拒否する」。男性は静かな口調のなかにも力強く語った。=14日夜、官邸前 写真:筆者=

 沖縄出身の男性(現在、都内在住=64歳)は「沖縄が先の大戦のように標的になる。もし子供がいたら戦争には行かさない。(戦争反対を訴えて)刑務所に入ったほうがマシ」。言葉を噛みしめるようにして語った。

 父親が特攻隊の生き残りだったという女性(60代)は、子供の頃、父親を「なんで戦争に反対しなかったのか?」と問い詰めていた。

 父親は「そんなこと(戦争反対)を言える時代じゃなかった」と答えていた。

 「今は自由にものが言える時代なのに、メディアも多くの人も黙っている。沈黙している間にファシズムになってしまう。『戦争はイヤだ』と語りかける努力をしたい」。

 女性は抗議集会に参加したことの意義を強調した。

 「積極的平和主義の旗を高く掲げ、世界の平和と安定にこれまで以上に貢献してゆく」。安倍首相の美辞麗句をまともに信じている国民は、どれだけいるだろうか。

 「安倍晋三から日本を守れ」「安倍晋三から憲法を守れ」・・・官邸前に響くシュプレヒコールの方が、はるかに国民の声を代弁していた。

    ◇
 ※
『 IS人質事件、官邸の失態隠し ヨルダン人弁護士の入国拒否 』

◇    ◇   ◇

『田中龍作ジャーナル』は読者が支えるメディアです。取材制作にはコストがかかっています。

   ◇

『田中龍作ジャーナル』では取材助手を募集しています。時給、交通費当日払。ジャーナリスト志望の若者を歓迎します。学生可。詳しくは…tanakaryusaku@gmail.com

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  3. 3

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  4. 4

    昭恵氏が自殺職員妻に送ったLINE

    文春オンライン

  5. 5

    AV女優が避けられぬ「家族バレ」

    SmartFLASH

  6. 6

    ワークマン 陳列変え2倍売る秘策

    fujipon

  7. 7

    ハイターで消毒…教師たちの悲鳴

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    感染爆発ならGoToは世紀の愚策に

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

  10. 10

    新型EV「アリア」は日産を救うか

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。