記事

小泉純一郎 元総理のパワー

昨日、私も発起人を務めさせて頂いている「賢者の選択リーダーズ倶楽部 」のキックオフパーティーが帝国ホテルで開催されました。

賢者の選択 とは毎回、各界を代表するリーダー(賢者)が登場し、トーク主体でその足跡を振り返っていくTV番組で、私も二度出演させて頂いたことがあります。
その「リーダーズ倶楽部」は若いアントレプレナーを育てることを主目的としていますが、私も唯一の政治家メンバーとして尽力していきたいと思っています。

さて、その大切なキックオフパーティーの最初のゲストスピーカーは小泉純一郎元総理。
控室で2年ぶりにお会いしましたが、その声からも、握手の握力からも、力強さが増しているような印象を受けました。

前回は会食の席で4時間ほどお話を伺ったのですが、ちょうどフィンランドのオンカロ(高レベル放射性廃棄物の最終処分施設 )から帰国した直後で、脱原発の必要性を確信したと熱く語っておられました。

その後、皆さんもご存知の通り、細川護熙元総理の都知事選のサポートをして、真冬の選挙で街頭演説を何度も行い、その衰えぬパワーを見せて下さいました。

昨日の講演も原発の話が中心で(私の原発に対する考え方とほぼ合致しています)大変勇気づけられましたが、締めくくりに話されていたことも大変印象的でした。
「BOYS BE AMBITIOUSと言うが、OLD BOYS 老人だって大志を抱いたっていいんだ。老人だって大志を抱いたっていいんだ。・・・私の親父は65歳で亡くなりました。私も65歳になったら死んでも仕方がないのだと思っていました。たまたま運が良く、64歳で総理大臣を退任することができました。当時、学生時代、70過ぎなんてのは、もうヨボヨボのおじいさんだと思っていました。それが今、70過ぎても結構話ができる。まあ、この運動(脱原発)は元気な限り続けていかなきゃなぁと思っております。・・・(当選25回・議員勤続63年で94歳まで衆院議員を務めた尾崎行雄さんの石碑に残されている言葉「人生の本舞台は常に将来にあり」を取り上げて)94歳で「人生の本舞台は常に将来にあり」。あれを見ると、私ももう20歳以上年とっても、将来、自分の活躍する舞台はいつ来るか分からない。90の時もまたあるかもしれない。いつ舞台が用意されても、それに上って活躍できるように勉強して、向上心を持ってやっていく・・・」
やはり、控室で感じた力強さは本物でした。都知事選で敗北されても、意気消沈するどころか、更にパワーアップして、本気で脱原発の闘いを続けているのです。しかも、自分が活躍する舞台はもう一度やってくると信じている。それだけの執念を燃やし続けている小泉元総理にこれからも大いに期待したいですし、微力ながら闘って頂くための舞台を用意するにはどうしたら良いか、色々思いを巡らせている次第です。

あわせて読みたい

「小泉純一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊田章男氏が断言「雇用を守る」

    片山 修

  2. 2

    緊急事態宣言も緊迫感ない芸能界

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナより東京五輪重視したツケ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    東京都が休業を要請する施設一覧

    AbemaTIMES

  5. 5

    給付制度に橋下氏「分からへん」

    橋下徹

  6. 6

    反日中国人にも愛される蒼井そら

    PRESIDENT Online

  7. 7

    国民の理解得ぬコロナ議論は不毛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    石破氏 緊急事態煽る報道に疑問

    石破茂

  9. 9

    野党共闘を牽引する山本太郎氏

    内田樹

  10. 10

    どうぶつの森を使い中国に抗議か

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。