記事

軍艦島など23施設、ユネスコ世界文化遺産へ——「明治の産業革命を推進」:登録を勧告

ユネスコが7月にも正式決定の公算

軍艦島」として知られる端島炭鉱(長崎市)や三菱長崎造船所(同)、官営八幡製鉄所(北九州市)など、明治期の日本の近代化、産業化に大きな役割を果たした国内の23施設が、近く世界文化遺産に登録される見通しとなった。国際記念物遺跡会議(イコモス、本部パリ)が5月4日、「登録が適当」と国連教育科学文化機関(ユネスコ)に勧告した。

23施設は「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」として、日本政府が昨年世界文化遺産に推薦。イコモスが現地調査などを行い、審議していた。

勧告は、これらの遺産群について「西洋から非西洋国家に初めて産業化の波及が成功したことを示す」、「1853年から1910年までのわずか50年あまりの短期間で急速な産業化が達成された幕末、明治前期、明治後期の三つの段階を反映している」と評価。遺産の名称を「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」と変更するよう求めた。

ドイツ・ボンで7月に開かれるユネスコ世界遺産委員会で、登録の可否を正式決定する。日本の世界文化遺産は「富岡製糸場と絹産業遺跡群」などが既に登録されており、「明治日本の産業革命遺産」で15件目。自然遺産を含めた世界遺産は19となる。



稼働中の施設も登録対象に

23の施設は釜石、韮山、萩、八幡、三池、佐賀、長崎、鹿児島の8地域にあり、「西洋から非西洋への産業化の移転が成功したことを証言する」(内閣府)産業遺跡群として構成されている。

製鉄・鉄鋼産業では、大砲鋳造のため江戸末期の1857年につくられた韮山反射炉、日本で初めて高炉製鉄に成功した橋野鉄鉱山・高炉跡、日本初の近代的製鉄所とされる官営八幡製鉄所など。

造船業では、佐賀藩が外国から購入した蒸気船を修理するために開設した三重津海軍所跡、近代造船の中核となった三菱長崎造船所など。

石炭産業では、佐賀藩がトーマス・グラバーとともに開発し、日本の炭鉱近代化の先駆けとなった高島炭鉱、「炭鉱の島」として開発され、高品位炭を産出した端島炭鉱、明治期の炭鉱遺構が多く残る三池炭鉱などが選ばれている。

nippon.com 別館

■元記事
軍艦島など23施設、ユネスコ世界文化遺産へ

■関連記事
「明治日本の産業革命」に貢献した長崎のトーマス・グラバー
【360°】軍艦島—現代に蘇る廃墟の聖地
富士山を世界遺産登録
富岡製糸場が世界遺産登録へ
「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録

あわせて読みたい

「世界遺産」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  7. 7

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  8. 8

    コロナが変える常識 消える外食

    ヒロ

  9. 9

    暴力団がアクリル板嫌う訳を吐露

    NEWSポストセブン

  10. 10

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。