記事

朝鮮日報のコラムに感じること

以下が日本の新聞のコラムなら分かるが、なんと、2015年5月9日の「朝鮮日報」のコラムである。随分とこれまでの論調とは変わったものだが、日本人が持った韓国政治への「イメージ」や「不信感」はそう簡単には消せるものではないだろう。

「日本の安倍政権はなぜあそこまで恥知らずなのか」と他人のせいにばかりしていられない。今のわれわれが直面している「外交面での孤立」というジレンマは、その多くがわれわれ自ら招いたものだ。主犯はもちろん安倍政権の右傾化とその暴走だが、彼らに翼を与えたのはわれわれだ。この国の政治権力と外交 マフィアたちは「外交」ではなく「反日ポピュリズム(大衆迎合)」に基づいて政策を進めたが、その結果、今の自縄自縛の状況を招いてしまったのだ。


そのきっかけとなったのが、2012年に当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が突然日本に強硬な態度を取り始めたことだった。この見方は専門家の間でも ほぼ一致している。それまで日本に対しては決して強硬とはいえなかった李大統領だが、任期の最後の年になって突然「静かな外交」をやめ、独島(日本名:竹 島)に上陸した。さらに「日本の国力は昔ほどではない」などと、どう考えても外交にはそぐわない言葉も連発するようになった。このように何かあるたびに 「日本に対する訓戒」ともいえるようなパフォーマンスを続けた結果、李大統領の支持率は一気に上昇し、李大統領本人も「してやったり」と思ったはずだ。と ころがこれら李大統領の行動が原因で、日本国内での嫌韓感情が一気に噴出してしまった。このように日本が右傾化する状況を韓国自らつくり出す中、安倍首相が就任した。安倍首相としては李大統領に感謝の言葉でも伝えたい心境だっただろう。 、、。
参照記事 


さすがに従軍の文字は韓国紙で見ることは無くなったが、それが誤解だったとの謝罪もない。強制もねつ造だったと掲載新聞社が認め、未だに「自分が生き証人だ」と叫ぶ高齢な元慰安婦の証言の矛盾や事実誤認は明確に反証されている。日本の挺身隊は慰安婦では無く、当時の韓国人を含む日本人への強制動員だったと分かってもそれを認めようとしない。そもそも日本は、当時の公娼制度の中で慰安婦の存在は明確に認めていて、「国が強制連行した事実は無い」という部分にこだわったが、左翼出身の首相が温情的に自称元慰安婦に「見舞金」を払ったことで、その真意を理解することなく、問題は日本に対する政治姿勢への批判に変わっていった。彼らが好んで使う「植民地支配」や「侵略」などは、戦後、自虐史観の社会党が戦前の日本を非難する際の常套句で、当時自分たちもそれに参加していたことを忘れた上から目線の言い方である。

歴代の首相の謝罪を忘れたかのような、事あるごとの「謝罪」要求は、日本に対して「社会道徳」に沿った礼儀を要求するものだが、はたして要求する側に、彼らにそれなりの受け手としての「社会道徳」があるかといえば皆無だろう。誤解も認めず、要求の仕方は下品で醜悪、暴力的ですらあるからだ。それに応じることは、日本も彼らのレベルであることを認めることになる。このことは日本の政治家もマスコミも言いにくいことだが、国民の一人としては、謝罪する、しない以前に常にそう感じ、過去のことを歪曲して「針小棒大」に言い続ける「しつこさにうんざりだ」というのが率直な思いだ。日本人の誰かが、戦後も戦前の日本は正しかったと思っていると想像するのは勝手だが、戦後、誰か一人でも、首相クラスが戦前の日本を正当化した発言をしただろうか?無条件降伏した時点で日本からは、そんな考えは霧散したのである。一方で、友好の陰で反日教育を徹底し、結果的に韓国は、自国の国際評価を引き下げ、上記のようなコラムが登場する事態になった。

過去ブログ:
2012年7月戦中派老韓国教授の歴史の見方
2011年8月「一番公正な歴史教科書は日本」米スタンフォード大学
2009年3月韓国教授が語る韓国の歴史歪曲
2007年5月慰安婦問題でドイツが謝罪した?事実を書こう.

あわせて読みたい

「朝鮮日報」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「最も忙しい四大臣、待ちぼうけ」官房参与の“嘘”追及で立民らが退席 80分超える空白の時間

    BLOGOS しらべる部

    05月14日 18:36

  2. 2

    トヨタが増益を確保したもう一つの理由

    片山 修

    05月13日 17:29

  3. 3

    変異株の真実/感染力は増して若干の軽症化が数字からの結論

    青山まさゆき

    05月14日 22:10

  4. 4

    「バカにした笑いでした」光浦靖子の悲痛な告白に広がる同情

    女性自身

    05月14日 09:14

  5. 5

    新型コロナ対策、政府はいったい何を間違えたのか

    田原総一朗

    05月14日 16:34

  6. 6

    コロナ禍で「肺炎死亡者が減少」の謎

    自由人

    05月14日 08:12

  7. 7

    「本来国がやらないといけない」堀江貴文氏が糖尿病の恐怖を伝える映画を作ったワケ

    ABEMA TIMES

    05月14日 16:55

  8. 8

    都とIOCの契約に違約金規定なし 五輪中止損害賠償は保険でカバー可能

    NEWSポストセブン

    05月14日 08:53

  9. 9

    中止・延期・無観客のツケを払うのは国民 東京五輪反対論に安易に乗れない理由

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    05月14日 12:42

  10. 10

    いま富裕層がタワマンには目もくれず、「地方の一軒家」を建て始めたワケ

    PRESIDENT Online

    05月14日 11:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。